MCZ公式ギガライト(Vol.4)

名古屋の事前物販でも国立競技場でも諸事情により入手できなかった、ももいろクローバーZの公式ギガライト(Vol.4)をFC先行通販でやっと手に入れました。

140421-01

このギガライトは多色点灯可能なペンライト。ももクロちゃんの国立競技場大会で販売され、その際に不良品が多数発生し、騒がれたいわく付きのペンライトです。

140421-06

RGBの3つのLED光源の組み合わせで、メンバーカラーの5色に発色します。
なので、発色するカラーによって電池の消耗時間が2.5時間から10時間とそれぞれ異なります。

140421-02

スイッチは1つで、長押しで電源ON/OFF、ON状態でスイッチを押すたびにカラーがレッド→イエロー→ピンク→グリーン→バイオレットとループします。メモリー機能で最初に発光するカラーを記憶させることもできます。

ストラップの取り付け穴はありますが、ストラップは付属しません。

140421-03

電池は後端のスクリューキャップを外し、上蓋を取り除くと電池室が現れます。
電池はかなり窮屈に挿入されていて、布製のベルトを引っ張ってもびくともしません。無理矢理引っ張れば、ベルトが千切れるか電池の飛散が予想されます。
現場の暗がりでの電池交換はかなり難儀することが予想されます。あらかじめ新品に換えてからの参戦をお勧めします。

140421-04

電池は単4が3本。取説には充電式電池も使えるがアルカリ電池推奨と記載されています。

140421-05

電池の挿入方向の刻印があるので、くれぐれも間違えないように。

さて、今週末のファンクラブイベントに参戦します。購入時の電池はサンプルなので、ライブ中に発色しなくなる懸念があります。eneloopと入れ替えることにしました。

2本目を入れたところで何やら変な臭い。嫌な予感が脳裏をよぎりました。案の定ライトは2度と発光することはありませんでした。
電気製品の異臭はたいていショートが原因です。分解していないので断定はしませんが、多分そうです。電池の極性を間違えた覚えはありませんが、挿入の時に別の端子に接触したのかも知れません。

ユーザーの方は電池交換の際は漫然と行わず、最新の注意を払われますように。
まだ1回も実戦投入していなかった僕は、ちょっと悔しい。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー