サツマイモのツルを食べてみた

今現在収穫できるものがピーマンとインゲン豆、小さくなったナスが少々、あと冬瓜ぐらい。採れるものがあまりない。

サツマイモの葉はまだ青々として収穫開始の合図がない。ツルだけは元気もりもりに繁っている。
そのツルが食べられると聞いたので少し収穫して食べてみることにした。

収穫するのはツルから出ている葉っぱの部分。食べられるのは葉の下から付け根までの間。

葉っぱの付け根をポキッと折ったついでに下に引くと、ツーッと皮が剥ける。

皮を剥いたら鍋に入れ、重曹か塩を入れた煮立てたお湯で1〜2分、好みの堅さに湯通しする。それから冷水で晒す。

我が家では油揚げやごまを入れてきんぴらに仕立てた。

味や食感はほぼフキ。メインのおかずにはならないが、サツマイモを栽培している人だけが作れるひと品。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。
送信されたコメントは直ちに反映されません。管理者の承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)