パイナップル栽培 その39

昼夜の寒暖差が激しくなり、夜は冷え込むらしいということで急遽パイナップルを屋内に避難させることになった。

翌日あらためて屋外に出し、キレイに掃除して、ちゃんとした冬ごしらえすることにした。

4月に外へ出したばかりの台湾パイナップルは葉も貧弱で小さかった。

それがいつの間にかこんなにデカくなっていてビックリ。

9月に植えたクラウンも順調に根付いたよう。

今では新しい葉が伸びてたくましくなった。

例年のように葉をバンザイさせて荷造りテープでグルグル巻き。来年の春に葉を降ろしたときに実ができているかも知れない。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。
送信されたコメントは直ちに反映されません。管理者の承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)