タカギ・ホースリール BOXツイスター RC220TNB

庭の家庭菜園の管理を年寄りから引き継いで、作物に水やりをすることが日課になった。

家にあったホースリールは、ホースを全体にバランス良くキレイに巻き取らないと完全に巻き取ることができなかった。ハンドルも重く、使い勝手が悪かったためあまり使う気にはなれない。

ジョウロに何度も水をためて水やりするのも手間になってきたので、使用するのが億劫にならない使いやすいホースリールに買い換えることにした。

で、選んだのが「タカギ・ホースリール BOXツイスター RC220TNB」。この製品はホースの長さが20mのもの。30mのRC330TNBという製品もある。

RC220TNBの特徴は、ホースが捻れにくいこと、ホースを巻き取りやすいこと。ユーザーレビューを読んでも巻き取りが軽く、巻き取りに苦労がないようだ。
カバー付きなので屋外に置きっ放しでも紫外線の影響を受けにくく、長持ちが期待できる。

電動工具などに「高儀」というメーカーがある。同じ会社なのかと思っていたら全然違っていて、こちらは社長さんが「高城」さん。水栓や浄水器などを専門とするメーカーだそうな。

Amazonで注文したら、写真の状態のものがそのまま段ボール箱に詰められて配達されてきた。

まず最初に、前面にテープで貼られている紙製ラベルを剥がし、上面の取っ手に巻かれているビニールテープを剥がし、ケース左右側面上部にあるリリースボタンを押してケースを引き上げる。

内部には散水ノズルと一緒に、蛇口との接続ホースなどの付属品が入っている。
取扱説明書は先ほど剥がした紙製ラベルの裏側に印刷されている。破らないように丁寧に取り外すように。

付属品の蛇口接続ホースと巻き取りハンドル。

ハンドルを側面中央穴に奥まで押し込む。ハンドルは一度はめ込むと外せそうにない。

ハンドルは片側にしかない。デフォルトでは本体向かって右側にハンドルが付く。
ハンドルを逆側にしたい場合は、ホースを一旦全部引き出し、ハンドルの巻き取り方向を換え、ケースの向きを変えてホースの引き出し口を反対側にすることで対応する。

蛇口接続ホースの片側に蛇口ニップルが付いている。

頭の黒いレバーを右いっぱいに回しておいて、蛇口を差し込み口から奥へ差し込む。黒いレバーを左に回転させ、蛇口ニップルをロックさせる。

ネジや工具などを使わないでも蛇口に取り付けられ、とても便利。これだけで水漏れがない。逆の手順で外すことも簡単だ。

蛇口ニップルは蛇口の形状によって対応可否があるので自宅の蛇口の確認が必要。対応しない蛇口の場合はオプション品を購入しなければならない。

今までのホースリールを置いていた場所にRC220TNBを設置してみた。

今までのものもそれなりに大きかったのであまりデカさは感じない。高さは大きくなったが幅はスリムになり、ケースがあるせいか逆にコンパクトにまとまった感じもする。

本体底の四隅には折り畳みの脚が付いている。

使用時は横に回転させると本体を安定して置くことができる。

ホースに付属の散水ノズルは、「ノズルファイブS」同等品だと思われる。交換部品として「パチットノズルファイブS裸(NB)」が用意されているが、1,000円も高い違いがわからない。

レバーを握ると水が出る。最後まで握り込むとレバーから指を離しても水が出続ける。もう一度レバーを握ると止まる。便利なようでちょっと戸惑うこともある。

散水パターンは5種類あるが、そのうちひとつはストップ。使いどころがよくわからない。実際の水形パターンはキリ・ストレート・ジョロ・シャワーの4種類。

水の勢いは蛇口のひねり具合に左右されるので、できれば水量調節ができる散水ノズルに交換すると良いと思う。

付属のノズルでは作物の水やりに使いにくそうだったので、タカギの「ショートノズル QG138FJ」を一緒に購入した。

この前にもっと長いノズルを購入したが取り回しが逆に不便になった。この製品はちょうどジョウロのような長さで扱いやすい。

水量調整用のつまみが付いていて、手元で水の勢いを加減できる。育苗中の苗にも優しく水をかけられて具合が良い。

このノズルは握っていれば水が出て、離せば止まる。いっぱいに握って後端のグレーのパーツをレバーに引っ掛けると手を離して散水できる。

標準装備の散水ノズルと「ショートノズル QG138FJ」はコネクターが一緒なのでワンタッチで交換できる。

蛇口が開いていたり、ホース内に水が残っているとノズルをチェンジするときに、当然ホースから水が飛び出してしまう。
そうならないようにするためにコネクターを「ストップコネクター G096FJ」に付け替えた。

ただし、ホース側から若干水がこぼれることもある。散水ノズル側にも水が残っていたりするので、完全ではないが大量に水が出てきて慌てることはなくなった。

ホースを全部引っ張り出してからハンドルを回してホースを収納してみた。ホースが外で絡まっていなければストレスなく全部収納することができた。

その時のケース内の状態が上の写真。キレイに整然と巻き取ってくれている訳ではない。天地のスペースがあるため最後まで詰まらず巻き取ってくれるようだ。
ゆっくり巻き取ると巻き取ったホースに隙間ができるので終わり頃に詰まりやすい。ある程度スピードアップして巻いた方が締まって最後までスムーズに巻けるみたい。

今回購入したタカギの製品はどれも2年間の保証付き。保証書のようなものは製品に付属しないが、購入時のレシートなどで保証期間を証明する。レシートなどは大切に保存するように。

ホースの収納がストレスフリーで億劫さもなくなって、この3点セットで水やり作業が格段にラクになった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。
送信されたコメントは直ちに反映されません。管理者の承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)