長良川自転車道

今日は長良川自転車道を走ってきました。
来週の3月7日に自転車コミュニティのイベントで走る予定があり、その予行演習になりました。

家を出るときは自宅〜木曽三川公園までの往復だけの予定で、長良川自転車道を走るつもりはありませんでした。

下調べでは片道約44kmの予定だったのに、実際に走ったら33.5kmで木曽三川公園に着いちゃった。
10kmも違って全然走り足りない気分だったので、長良川自転車道を走ることにしたのです。

090228-01

お昼頃に道の駅・立田ふれあいの里に到着。ここでれんこんうどんを食べました。
駐車場は車が結構あふれるくらい駐まっていました。

090228-02

木曽三川公園の水と緑の館展望タワー。

090228-03

長良川自転車道は長良川に沿ってコースがあります。堤防の一番上が車道で、川と反対側の堤防の中腹が自転車道で、さらにその下に一般道がある、という構造になっています。

堤防の上の車道と下の一般道を結ぶ道が自転車道をいくつも横断していて、そのたびに自転車道上に車止めが出現します。
ここを通過するときに車止めを注意しつつーの、クルマの往来も気にしなければいけない。

それに、千鳥に設置された車止めを斜めにパスしなければならいが、進入する向きによっては、その先に標識があってかなり邪魔。

090228-04

自転車道の入口に路駐車という不届者がいるのも困る。

090228-05

自転車道は、あまりメンテナンスがされているとは言えず、自転車道を横切るように継ぎ目があり、その継ぎ目から草が伸び放題。
そのまま草に突っ込むとショックがあり、気分は良くない。

それに、北上するときは気にならなかったのだが、帰りは太陽の反射で、路面がキラキラ光っているのが分かります。ガラスの破片が落ちてるんだね。パンクに猛烈注意!

090228-06

木曽三川公園から15kmくらいのところに、先日昼飯を食べた道の駅「クレール平田」があります。

090228-07

さらに10km走ると「墨俣一夜城」に到着する。とても一夜では建たないだろう、という立派なお城が建っています。

090228-08

090228-09

帰りは「クレール平田」まで戻り、この辺りで長良川自転車道を外れ、南濃大橋を渡って名古屋方面へ行く。

だんだん風が強くなってきて、向かい風が疲れつつあるカラダにちょっと辛い。
甚目寺〜豊公橋を渡り、途中知り合いのカーディーラーに寄ってコーヒーをごちそうになって帰ってきました。

帰りに風が出てきてしんどかったけど、一日中良い天気で、まさに自転車日和でした。

迷走距離:111.41km Av:19.74km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー