ファイン社の対応

前のエントリーで「ファイン イオンドリンク」がリニューアルしたと書きました。
このリニューアル品を入手できたのは、ちょっとしたいきさつがありました。

今年の1月に従来品の「ファイン イオンドリンク」を2箱買いました。ところが中身の粉が固化しているものが多く含まれていました。2箱とも。しかも賞味期限はどちらも1年以上あります。
「ファイン イオンドリンク」は固化してしまうと包装に張り付いてしまい、取り出すことが困難になります。つまり実質使えません。

あんまり不良率が高過ぎたので、外箱に記載されていたフリーダイヤルに電話しました。
で、代品を送って貰えることになり、こちらからも不良品を送料着払いで送り返すことになりました。

金曜日に電話し、その日の午後に返送。郵便局は翌日着と言っていたが、会社が休日だったためか月曜には配達されたようです。
しかし、代品が送られてくるのを待っていましたが、なかなか配達されて来ません。1週間待って再度電話することにしました。

話の行き違いがあったようで、こちらから送ったものを調査し、結果を待って報告と一緒に代品を発送する腹づもりだったようです。
そして、その翌日に報告書と一緒にリニューアルしたばかりの「ファイン イオンドリンク」が届けられたのです。

報告書は丁寧なお詫びの言葉と、不良品を食べた場合の安全性を確認する菌検査の結果、固化原因の調査結果が記されていました。
要約すると、菌検査は食べても安全であること、固化原因は分包シートの接着面に粉末の付着が認められたので、製造時にシール不良が発生し湿気が混入したのだろうとのことです。

このような報告までしていただけるとは思っていなかったので、対応にびっくりしました。
普段ならクレームとか言わず、静かに撤退してしまいます。この商品は唯一無二のお気に入りだったので改善して欲しいなぁという気持ちからした行動でした。でも今回のことで、ますますファンになったかも。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー