AZチェーンルブ「クリーン」

たまにエーゼットのホームページの自転車コーナーを覗くと、新製品が大量に出てたりしてビックリする。
チェーンルブも「マルチパーパスSP」とか「ロードレースSP」とか。洗浄剤系も「チェーンクリーナーシトラスゾルブ」とか「バイクウォッシュ」とか。
チェーンをくるくる回しながら洗浄するチェーンクリーナーという器具があるが、パークツールなどからも結構高額で販売されている。それがエーゼットにかかると、なんと680円で発売されていた。

そんな中、以前買った自転車用チェーンルブ「クリーン」をBANANA号に使い始めて350kmくらい走ったのでレポートする。

「クリーン」も「マルチパーパス」と同じく、50ml入りで315円、110ml入りで525円とお財布にやさしい。

131103-01
△後ろにあるのはフィニッシュラインのロード60ml入り。

商品説明に「WAX・PTFE配合の自転車用チェーンオイル。クリーンなドライタイプで自転車のチェーンを滑らかに潤滑します。」と書いてあったので、勝手にフィニッシュラインの「ロード」のような乳白色の液体を想像していた。
実際には無色透明で、水のようにしゃびしゃびな感じ。「マルチパーパス」のような粘り気もない。容器を逆さまにすると勝手にポタポタと垂れてくるほど。予備のノズルも付属するが多分不要。

僕はチェーンのリンクに1滴ずつ注油する使い方だが、すぐにしみ込んでしまうので、差したところがわかりにくい。ちなみに僕はリンクにティッシュで作ったこよりを巻いて、差し始めの目印にしている。そうしないと一周がわからなくなる。
こういう使い方でもノズルからポタポタ垂れるので、チェーンの下に必ずウエスとか新聞紙とかを置かないと床が悲惨なことになる。

それから、臭いは甘い香りがする。部屋の中で注油したら、注油した自転車が置いてあるせいもあるかもしれないが、まだ部屋の中に臭いが残っている。できれば屋外で注した方が幸せかも。

131103-02

自分が無頓着なだけかもしれないが、350km走行後にチェーンの音が気になることはなかった。
注油する前にウエスでチェーンを拭いたら、汚れが少なくてビックリした。フィニッシュラインの「ロード」でも1回走るだけで墨汁のような汚れが付くのに。まったく汚れないとは言わないが、100対1くらい少ないのではないか。

上の写真は、チェーンは注油して一拭きした後の状態だが、スプロケットは何もしていない。刃先に少し汚れがあるだけなのがわかるだろうか?

131103-03

別の角度から撮影したスプロケット。こちらの方がわかりやすいかな。商品名の通り「クリーン」なオイルだね。
スプロケットやチェーンの汚れが少ないと、輪行とかの時にバッグを汚したりとかが少なくなりそうで良いかも。これから輪行することも準備しているので。

amazonと楽天市場のエーゼットショップのリンクを下に貼るが、なぜかamazonは値段が高いね。
楽天市場直販サイトなら1,000円以上で送料無料、毎週木曜日は500円以上で送料無料になるので、こちらの方がお得だね。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー