tokyobikeを組む(4)

今日はtokyobikeにブレーキとシフトのワイヤー、それとチェーンを組み付けました。

150306-01

ブレーキワイヤーはブレーキ付属のワイヤーじゃなくて、BANANA号のために用意したBBBの「BCB-20」というテフロン加工されたワイヤーを使いました。

150306-02

このワイヤーの良いところは、滑りが良いという特徴もありますが、ワイヤーの両端にロードバイク用とMTB用のタイコが付いているところ。1粒で2度おいしいのです。
長さも2350mmあるので、ロードとMTBの2台に張ってもまだ余るぐらい。

同じシリーズで「BCB-10」という型番でシフトケーブルもあります。あいにくこちらは1台分しか取れません。tokyobikeはシフターの付属品をそのまま使いました。

150306-03

シフター付属のアウターケーブルはブラック。Lakesideに使ったレッドのアウターの残りがあったので、グリップと同色でコーディネートしてみました。

150306-04

チェーンを装着する前にジャグワイヤーのチェーンプロテクターを着けました。
走行中にチェーンは絶対暴れますから、このプロテクターがチェーンステーが傷つくのを保護してくれます。

150306-05

ほんとはBANANA号に着けたシマノプロの「チェーンステープロテクター ブラック PRAC0001」がスッキリして良いのですが、注文するときに品切れだったのです。

150306-06

表面は浮き出しのロゴタイプがいっぱい。使っているうちに埃がたまりそう。

150306-07

裏面には滑り止めが付いています。

150306-08

tokyobikeはチェーンステーが細いので、ちょっとブカブカ。何処にも接触しないのでとりあえずOK。汚れてきたらシマノプロのと換えたい。

150306-09

チェーンは新品の「CN-HG53」。

150306-10

ストックがあった9速のミッシングリンクで連結。

この連載もあと1回ぐらいで終わりそうです。走るのが楽しみ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー