LV「月刊TAKAHASHI 3月号」参戦

もう昨日(3月12日)の話しになってしまいますが、Zepp Tokyoで開催されたももいろクローバーZのライブ「月刊TAKAHASHI 3月号」のライブビューイング参戦にTOHOシネマズ浜松へ行ってきました。

150312-01

浜松駅全景。日が長くなってきたといっても、5時45分くらいでもう薄暗いです。

150312-02

先日の『映画「幕が上がる」ももクロ舞台挨拶全国行脚!』で、ももいろクローバーZの百田夏菜子ちゃんが来たとき残していったサインと落書きとプリクラを貼った映画のポスター。

舞台挨拶終了後すぐにロビーに展示されたのですが、その時は黒山の人だかりができてとても近寄れませんでした。
今日はロビーに展示されていて、誰もそばにいなかったので、余裕で何枚も撮影してきました。

150312-03

プリクラの拡大写真。夏菜子ちゃんとスタッフ。スタッフはたぶん全国行脚のクルーだと思います。

150312-04

フードコーナーのカウンター全面で「幕が上がる」が推されていました。

150312-05

見上げると天井も「幕が上がる」一色。
そう言えばドキュメンタリー映画の「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」が1日1回だけの公開で、11日から始まっていました。

ライブは19時開演。30分前から開場の誘導が始まりました。

オーバーチュアから始まり、1曲目は珍しく「キミとセカイ」。自分はライブで遭遇したことがあまりありません。記憶にあるのは「国立競技場大会」くらいかな。

メンバーの衣装は、しおりんが描いたあーりんの似顔絵がプリントされたTシャツ。背中にも後ろ姿がプリントされています。後日あーりん卒業記念で4,000円で販売されるようです。他にも同柄でクッションがあるらしい。

今年のファンクラブイベントは福岡で開催されるのですが、費用の都合で不参加のつもりでした。距離的に遠くなる人も多いのかライブビューイングを実施すると告知がありました。

アンコールには新曲の「青春賦」と「走れ -Zver.-」。自分のお気に入りになった「行く春来る春」は残念ながらありませんでした。

今日のライブはノれる選曲だったので、2月号よりも楽しかったです。
席が端っこの3人掛けの席で、最後はお隣の席の方々と「お疲れさま」で終われるような、雰囲気ができたせいもあったのも知れません。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー