ダイソー・ハンダ用吸い取りポンプ

ハンダ付け作業のためにもう一つ秘密兵器を用意しました。

141215-08

それは、ダイソーの「ハンダ用吸い取りポンプ」。
ハンダ付けに失敗したステレオプラグの端子から、余分に盛ってしまったハンダを、これで吸い取ってやるのです。

前からあったら便利かな、と思っていましたが、たまたま行ったダイソーにあったので、思わず買ってきてしまいました。この商品は200円でした。

141215-09

ハンダを吸い取るには、まず金属軸先端の黒いパーツ(セッター)を中に押し込みます。

141215-10

ハンダが溶けてきたら、先端をハンダに近づけ、本体横に付いているスタートボタンを押します。
すると、セッターがバネの力で元に戻り、ハンダが吸い込まれるという仕組みです。

ですが、なかなか上手くいきません。パッケージにも「本品の使用には多少の技術と慣れが必要です。繰り返しの練習の上、ご使用ください。」と書かれています。

ちなみに先端はハンダごてに直接当てると溶けます。要注意。

141215-11

吸い取ったハンダを本体から除去するには、裏面の芋ネジを抜いて分解します。4mmのアーレンキーが必要です。

芋ネジを抜くと、セッターごと中の部品を外せます。
分解すると、中のバネなどの部品はグリスがてんこ盛りでベタベタ。服に付かないように注意。

芋ネジはスタートボタンの部品を固定しているだけ。ネジを元に戻そうとねじ込むと、どんどん中に入って行ってしまいます。芋ネジの頭と本体表面が面一か少し深い位置が最適です。

買ってはみたものの、今回はステレオプラグを別のモノに換えてしまったので、結局十分に力を発揮できませんでした。また次の機会ということで。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー