大腸内視鏡検査してきた

先日生まれて初めて大腸内視鏡検査、いわゆる大腸カメラをやってきました。
ここ1、2ヶ月くらい腸の調子が悪くて、「ちゃんと調べてみましょう」ということでした。

カメラはお尻の穴から入れます。なので、検査前に腸内の障害物であるウンチをきれいさっぱり取り除くため下剤を飲みます。この作業が結構大変でした。

下剤を飲む作業は病院か自宅でやるか選ぶことができます。僕はトイレに頻繁に行くだろうなと想像し、何となく自宅ですることを選んでしまいました。
結果的には病院で下剤を飲んだ方が良かったのかなと思っています。病院には検査をする人数分のトイレが確保されていて、専用状態で独占できました。

下剤を飲む手順は、

  1. 前日の夕飯まで普通に食べ、夜9時頃に「ピンクの小粒」の下剤を3錠飲みます。
  2. 検査日朝食は当然ダメで、まず下剤液の準備をします。
  3. 2種類の粉状の薬剤が入ったビニール袋に水を★印の所まで入れ、薬剤を混ぜ合わせます。
  4. 水を追加し2リットルにし、溶液が透明になるまでよく攪拌します。
  5. 朝9時から下剤を飲み始めます。最初に下剤1リットル、次に水かお茶を500ml、1時間かけて少量ずつゆっくり飲みます。
  6. また1時間かけて残りの下剤1リットルと水かお茶を250ml飲みます。
  7. 下剤液や水は全量飲む必要はなく、飲んでいる途中に便意を催してくるので、そのたびにトイレに通い、最終的に透明で薄黄色い状態のものしか出なくなったら終了です。
  8. 上記の状態になったら病院に電話し、来院する時間を打ち合わせし、病院に出向きます。

僕の場合、「ピンクの小粒」だけで下剤液を飲む前にある程度出てしまいました。
下剤液はあまり美味しいものではなく、最初の1リットルは何とか飲めましたが、次の1リットルは1口目からこみ上げるものがありました。さらにトイレでしゃがみながら上からも逆流するとんでもない事態が起こり散々でした。

水分を大量に摂取したため、今度はそれらが全部腸内を通過して排出しきるまで垂れ流し状態になって、トイレから出られなくなりました。

検査の手順は、

  1. 病院で用意されたお尻にスリットが明いた使い捨ての紙製パンツと検査着に着替えます。
  2. 検査台の上に仰向けに寝そべり、腕には筋肉弛緩剤が打たれ、肛門に麻酔が施されます。
  3. お尻を上げたうつ伏せ状態に体勢を変え、カメラを挿入します。
  4. 途中までカメラが入いると体勢を横向きに変え、さらに小腸の出口までカメラを突っ込まれます。
  5. 検査自体はカメラを戻しながら腸の状態を調べていきます。検査台の横にモニターがあり、それを自分も見ながら説明されます。
  6. 要所で撮影したり、ポリープが見つかると切除します。
  7. カメラを抜いた後、撮影した映像を見ながら状態を説明されます。

検査後着替えますが、肛門周りがヌルヌルしていたので、ローションなどを塗られていたのかも知れません。麻酔も痛みもなかったのでどのように施術されたのかもわからないくらいでした。

検査の結果、ポリープが1ヶ所あり、知らないうちに切除されていました。ポリープ切除があると、その後3日間は行動や食事、入浴に制限があります。

行動は基本安静で、自転車に乗ったりするのも制限されます。特に術後はクルマの運転も禁止です。
食事の1日目は流動食だけで、2日目はうどんなど消化の良いもの、3日目から刺激のないもの以外OKになります。
入浴は1日目は不可、2日目はシャワーのみ、3日目から浴槽解禁になります。

大腸内視鏡検査をやった結果、カメラを押し戻す力が強く、腸の不具合は過活動が原因じゃないかということになりました。
ポリープも良性のようで、他には特に異常がなかったので一安心です。

僕が行った病院は外来診察を行う一般的なクリニックで、午前と午後の診察の合間に大腸カメラや胃カメラの検診を行っているため、1日に診られる患者数はあまり多くないようです。そのため、予約してから実際に検査できるのに1ヶ月待ちました。

コメントをどうぞ

へろへろ・のぉとをバージョンアップ

「へろへろ・のぉと」を運用しているスターサーバーから『「PHP高速化設定」機能の提供を開始しました。』というお知らせが届きました。

『「高速化」いいんじゃね!』と直ちに設定しようとしたら、PHPのバージョンが新しいものじゃないといけないとか。
PHPもWordPressもずっと古いバージョンのままで、PHPもアップするならいっそのこと全部やってしまえと、勢いでバージョンアップしてしまいました。

そしたら最新バージョンのWordPressに対応していないプラグインが大量に発生。
LightBox、セキュリティ関連、スクリプトや関連記事の表示などのプラグインに不具合が出てしまいました。

急遽代替プラグインを探して入れ替え、バタバタしてしまいました。
関連記事の表示は自動選択だと精度が低いので、手動で記事を選んでいます。そのため、また最初から設定し直しで復旧できていません。

最新バージョンのWordPressはインターフェイスも作法も様変わりしていて、またお勉強のやり直し状態です。あぁ面倒くさい。

コメントをどうぞ

Garmin Edge 830は冬になると暗くて見にくい

Garmin Edge 830を使い出した頃は直射日光下でも画面が見やすくて感激していました。

200207-02

しかし、12月、1月になると上の写真のように、画面が暗く見えにくくなってきました。

「故障かな」と思ったのですが、どうやらそうでもなさそうです。

200207-03

車体を倒して画面を太陽がある方向に向けると、画面はくっきりはっきりよく見えます。

以前のエントリーで「意外だったのは、画面に日が当たっている方が、くっきりはっきり見え、自分の影がかかっているような状態では暗く見にくく感じました。」と書いていました。

Edge 830を購入したのは8月で太陽はほぼ頭の真上でした。ですが、冬は太陽が下がってきて横方向から照らします。

Edge 830の液晶ディスプレイの仕様の情報は見つけられませんでしたが、多分「半透過型液晶」なのだと思います。
暗いところでは透過型液晶のようにバックライトで表示し、外光のある場所では外光を反射して表示し、消費電力を抑えることができる液晶ディスプレイです。

液晶ディスプレイでは視野角といいますが、正面から見ると色はキレイだけど、横の方から見ると色が変わったり暗く見えたりする限界の角度があります。
Edge 830では外光の入射角と反射角が狭く、冬の太陽の位置での視野角が狭くなるんじゃないかと思われます。

Edge 830を横向きにする訳にもいかず困ったものです。

コメントをどうぞ

2020年東京オリンピック・パラリンピック記念百円硬貨(第3弾)

きょう2020年東京オリンピック・パラリンピック記念の「百円クラッド貨幣」の第3次発行分をゲットしてきました。

200207-01

1月28日から金融機関で交換が始まってしたのですが、すっかり失念していて、cbnbrogのこちらの記事を読んで初めて気づきました。

既に発行から11日も経っているため、もうなくなっているかもと覚悟していました。案の定近場の銀行は終了していて、銀行や郵便局を回り4軒目でやっと手に入れることができました。

今回発行されたのはオリンピックはアーチェリー、カヌー、自転車競技の3種。パラリンピックはアーチェリーと陸上競技の2種。

次回第4次発行は100円硬貨が7種、500円硬貨が2種類でコンプリートします。500円硬貨は風神と雷神の絵柄でバイカラー仕様になっていて、これは是非手に入れたい。
6月頃に引き換え開始日の告知があるようです。今度は忘れないようにしたいと思います。

関連記事

コメントをどうぞ

9.7インチiPad用キーボード付きケース

iPadの保護用にカバーというかケースをAmazonで購入しました。

200203-01

このケースも液晶保護ガラスと同じように立派な紙箱に入っていました。

この製品は中華製のものですが、Amazonでは多数の業者から同じようなものが販売されています。
以前なら無地の結構適当な箱にパッケージされていたものですが、最近の中華製はパッケージにもこだわりが感じられます。

200203-02

蓋を開けると中はこんな感じ。

200203-03

箱の中身は、ケース本体とUSBケーブル、日本語と英語で書かれた取扱説明書。それに葉っぱの形をしたサービスカードです。

サービスカードにはAmazonで製品レビューを書くと新製品発売時に新品が貰えるチャンスがあると書かれています。

200203-04

ケースを開くと内側にはキーボードが挟み込まれています。右側はiPadを固定するプラスチック製の枠が装着されています。

キーボードはiPadとBluetoothでワイヤレス接続します。

200203-05

ケースの左側のフラップになる部分の端の数ヶ所にはマグネットが埋め込まれていて、キーボードを吸着します。
また、マグネットの磁力はそんなに強力ではありませんが、フラップを閉じたときに簡単に開かないようになっています。

中央部の3本の溝はiPadを立てたときに角度を保持するものです。

200203-06

iPadを固定するプラスチック枠は360度回転し、iPadを横向きや縦向きに立てることができます。

右肩にはカメラレンジ用の穴が空いています。

200203-07

横向きの状態。

200203-08

縦向きの状態。

プラ枠の回転は結構渋く、ケースの端を持って回転させていると、先にケースの方が傷みそうです。

プラ枠が回転しないタイプのケースもあったのですが、回転した方が利用度が高いかなと思ったのですが、あまり回転させないかも知れません。

200203-09

キーボードはUS配列。iPad用なのでCommandキーもあります。

Macのキーボードと異なるのは、「Delete」キーは選択したテキストを消すキーで、バックスペースキーはその下の「←」キーです。

日本語入力は設定なしでローマ字入力。英数・かな入力の切り替えは「Control」+「スペース」キーで行います。

AndroidやWindowsにも対応していますが、それぞれのOS毎に設定を切り替える必要があります。設定はキーボードで行います。

200203-10

キーボードの上部と下部両端が高くなっていて、キーボードを挟んで収納したときにキートップがiPadの液晶面に触れないようになっています。
それでも高くなっているところは液晶面に接触するため、傷を心配される方は液晶保護フィルムなどで予防するべきです。

200203-11

電源スイッチは右肩のスライドスイッチです。電源を入れるとPowerランプが2秒間点灯します。バッテリーの容量が少なくなると点滅して知らせます。

電源スイッチ横の右側面にあるmicroUSB端子は充電用の端子です。付属のUSBケーブルで充電します。充電中はChargeランプが点灯します。
充電時間は初回6時間以上、2回目からは2時間と取説に記載されています。

BluetoothのペアリングはiPadのBluetoothをオンにして、電源スイッチ左横の「CONNECT」ボタンを押すとBluetoothランプが点滅します。
iPadに「Bolutooth 3.0 Keyboard」と表示され、これを選択します。ペアリングが成功するとBluetoothランプは消灯します。

ペアリングは驚くほど簡単でした。

200203-12

キーボードの底面。突起も何もないまっ平です。

200203-13

キートップの文字はプリントです。使用頻度が高いと擦れて無くなりそうで心配です。

200203-14

ケースはキーボードを挟んで収納することが前提の設計なため、キーボードを入れないと写真の程度隙間が開きます。

「Caps Lock」キーがらみで不思議な動作をします。

「Control」+「スペース」キーを押すと画面に「日本語かな/English(Japan)/絵文字」と画面に現れます。状態を示しているものと思われます。
「English(Japan)」モードに切り替えて「Caps Lock」キーを押すと「Caps Lock」されずに「日本語かな」モードに戻ってしまいます。
「絵文字」モードにして「Caps Lock」キーを押すと「Caps」ランプが点灯し、入力すると大文字が入力されます。

僕はあまり「Caps Lock」キーを使わないので不便はないのですが、予期せぬ結果になります。

このエントリーはここで紹介したキーボードを使ってiPadで書きました。
キーボードの配列の違いやコピペが上手くできなかったので少し戸惑いましたが、キーボードはスクリーンキーボードより使えそうです。

2件コメントがあります

カテゴリー