エステー・クルマの消臭力 新車復活消臭剤

バモスの室内がタバコ臭く、ドアを開けるとムワッとする。

クルマを納車されたときに家庭用の大きめな消臭剤を置き、ファブリーズをシートやファブリック部分に噴霧したのだけどあまり効いた感じがしない。

そこで「エステー・クルマの消臭力 新車復活消臭剤」というものを使ってみた。

シートやフロアマットなら1m2あたり30cm以上の距離から2〜3回スプレー。空間には4ドアセダンで4〜5回スプレーが適量らしい。

ずっと雨降りでスチームクリーナーを使う前に使ってみた。空間に4スプレー。後部シートに座面と背もたれに左右1スプレーずつ。シートに噴霧すると結構しっとり濡れる。
運転席と助手席は使用中だったので遠慮した。

なんかファブリーズより効果がありそう。ムワッとした臭いが薄れて当たりだったかも。
さすが「ショーシューリキー」。

コメントをどうぞ

アイリスオーヤマ・スチームクリーナー STM-304N

今日は7月2日以来、朝から久々に雨も降っておらず、昼からしばらくはお天道様の顔が拝めるということでバモスのシートクリーニングをすることにした。

運転席シートの汗染みがひどく真っ黒。前オーナーは喫煙者だったららしく、タバコの臭いの解消も兼ねてのお掃除だ。

シートクリーニングのためにカミさん推奨の「アイリスオーヤマ・スチームクリーナー STM-304N」を購入しました。

Amazonでは中華製品など似たような製品がいっぱい。どれが良いのかわからない。とりあえず国内メーカー品(メードインチャイナ)で、5千円以下に値下がりしたタイミングで注文した。

パッケージの中身はスチームクリーナー本体。

T字形のコンパクトノズルと、写真左上からスクレーバー、アングルノズル、その下ポイントノズル、ポイントパッド用ノズル。下の針金はノズルがつまったときに使用するノズルクリーニングピン。

そして、ポイントパッド(白は研磨剤なし×5個、黒は研磨剤入り×2個)とコンパクトノズル用の布カバー、メジャーカップ、じょうご、取扱説明書。

スチームクリーナーを使う前にブラシや掃除機でゴミや埃を除去。
写真の黄色い結束バンドは100均商品。

スチームクリーナーの使い方は、まず水を付属のメジャーカップに300mlまで入れ、本体上部のセーフティーキャップを外し、じょうごで注ぎ込む。

セーフティーキャップは本体や水温が低い状態の時は外すことができるが、水温が高いときはクルクル空回りするだけで外すことができない。
セーフティーキャップが外せても水温がまだ高い場合があるので吹き出しに注意が必要のようだ。

電源コードをコンセントに接続し、赤い電源ボタンを押すと写真中央下に見えるランプが赤く点灯する。しばらく待ってランプが緑に変わったら使用可能だ。

水を使い切って給水する場合、本体を冷まさないとセーフティーキャップを外すことができない。

冷ますのにだいたい30〜40分くらいかかったので、シート全部をクリーニングしようとすると結構時間がかかる。今日は昼過ぎからだったので運転席と助手席の座面だけで終わってしまった。

黄色いサイドボタンを押しながらスライドボタンをスライドさせてロックを外す。そうすると噴射トリガーを押し込めるようになる。

チャイルドロックという名称が付いているが、チャイルドロックはスライドボタンをスライドさせたら外れっぱなしになってしまうので、当然トリガーもフリーでいつでも引ける。

電動工具のようにロックボタンを押しながらトリガーを引き、トリガーを戻すとすぐロックがかかるような構造でないとあまり意味がない。

ノズルにコンパクトノズルを接続し、布カバーを掛ける。シートの保護と汚れを吸着させるためにタオルなどを挟んで使用する。
僕はタオルなどの代わりに「クレシア・ワイプオール X70」を使った。

僕が参考にさせてもらったYouTubeの動画。

ワイプオールをシートの上に敷き、その上からスチームを当てる。一回くらいでは汚れが取れないが何度も繰り返すとだんだん汚れが取れていく。

汚れがしつこいので重曹も使って拭いてみた。

何度もしつこくクリーニングしたら、結構キレイになったと思うのだが、写真だとクリーニング前後の違いがあまり分からないのが残念。

でも、ワイプオールは真っ黒に。ワイプオールはこれ1枚ではなく数枚使っていてそのうちの1枚だ。

今日は時間切れで全部のシートをクリーニングできなかった。何度も繰り返すと結果が出るようなので、また晴れの日にクリーニングをしてやる予定。

コメントをどうぞ

世界皮革・編むハンドルカバー

バモスのステアリングも結構ボロボロだった。

下の方はあまり持たなかったのか比較的キレイなんだけど、上半分の助手席側のダメージがひどい。

ステアリングを交換するのも金が掛かる。
最初はロードバイクのバーテープでも巻いてやろうかと考えていたが、ちょっと良さそうなハンドルカバーを見つけてたので注文してみた。

「世界皮革・編むハンドルカバー」という製品なんだけど、こんな紙パッケージに直接宛名シールが貼られて配達されてきた。

昨日こちら周辺は大雨で、日が暮れても配達されなかったのですっかり忘れていた。
21時前にクロネコから30分くらい前に「ポストに投函しといたよ」というメールが来た。あわて家の外の郵便受けへ回収に行きましたとも。

やはり雨の日に届けられて、「革製品なのに扱いがひどい」とご立腹なユーザーレビューをしている方がおられました。まさか自分も同じ目に会うとは思いもしませんでしたが。

パッケージの中は一見手描き風のお手紙に納品書と一応ビニール袋に入った製品が入っていた。

ビニール袋の中はハンドルカバーと縫製用の糸2セット分と針、それに両面テープと取付要領書。

この製品、Amazonには単色のものからお洒落なツートンコンビのものなど結構さまざまなバリエーションがラインナップされている。

僕が購入したのはブラック一色のもの。お洒落なコンビのものも良いかなと思ったのだけど、つなぎの部分で膨らんだりしないかなと考えて単色もの。

しかし、単色でも4つのパーツで接合されていて、結局コンビでも単色でも同じこと。コンビニしときゃ良かった。

ブラックの表面柄は写真のような感じ。表面の柄は製品によって様々なようだ。

製品に取付要領書が付属するが、YouTubeに前・後編に分けて丁寧な取り付けムービーが用意されている。文字で見ているより100倍参考になる。

購入前に難易度をチェック。カバーを取り付ける直前に復習していよいよ実践。

ハンドルカバーのサイズを選ぶとき、ちょっと困ったことになった。バモスのステアリングは握りの太さが均一じゃなく、2時10時と6時の位置にコブがあるのだ。

バモスのステアリングの直径は約370mmなのでハンドルカバーはSサイズなのだが、太さに合わせて90〜95mm、96〜101mm、102~107mmの3種類用意されている。

太さを測るとコブのところの太さが110mmで、他の部分は95mmくらい。一致するサイズはなく、仕方がないのでコブ以外の大部分を占める太さをカバーする96〜101mmのものを注文した。

カバーは結構キツキツで、グイグイととにかく全周に覆い被せる。

やっぱりコブのところは全然覆い隠せそうにない。

まず糸の1セット分をほどき半分にカット。その半分だけでステアリングのスポークの上半分を編む。
いきなり最初の段階で糸が絡まり切るしか対応できなくなった。早速1/4を消費。糸は2セット分あるからまだリカバリーできる。

ムービーに従って編み込んでいけば良いのだが、手前側の穴は見つけやすいが裏側の穴は見つけにくい。糸がカバーと同色だと分かりづらい。結構むずい。

糸は半分でも3mと長いから編むうちに捻れて絡みやすくなる。悪戦苦闘しながら上半分を編み終わる。ここまでで2時間オーバー。

下半分は多少慣れて1時間くらいで編むことができた。

糸はグイグイ引っ張っても切れる様子はないが、細いのを引っ張っていると指先が痛くなる。
千枚通しを補助具にして乗り切ったけど、たまに糸全体を引っ掛けられなかったりして、そこは見なかったことに。

使ううちにほつれてきたら、糸だけでも別売されているので、そのときは他のカラーで編み直しだ。

コブの部分は頑張って引っ張ったけど、やっぱりはち切れたみたいな感じになってしまった。

コブのところは仕方がないが、細いところは完璧にフィットしている。皮が薄いため太っちょにならずちょうど良い握り具合。
上のカバー装着前の写真と比べてもそんなに太くなっていないように見える。

スポークの部分は編めないため両面テープで貼り付けてある。ステアリングの裏側は貼り付けていないのでちょっと浮いているけど見えないからOK。

デザインが飽きたら、今度はお洒落なコンビ柄に挑戦したい。

コメントをどうぞ

バモスのスライドドア・ストッパーを交換した

バモスを家族総出で車内の掃除をしていたら、いろいろ不具合が見つかった。

そのひとつは、運転席側のスライドドアにあるストッパー。下側のものが破損してなくなっていた。

上側のストッパーも劣化して硬化していた。
助手席側のストッパーは問題ないのに、前オーナーは運転席側のスライドドアを開けっぱなしにすることが多かったのだろうか?

近所のホンダディーラーへ行ってストッパーを取り寄せてもらった。
初めて行ったディーラーだったけど、部品の取り寄せだけでも親切に対応してくれた。

ヤフオクでは2つで500円、4個で1,000円で出品されていた。もちろん中古品で送料も別に必要だ。
ディーラなら新品のものが2個で税込み594円だった。ずっとお得だった。

自分で交換できるようなパーツなので、昼前にちゃちゃっと取り替えた。
必要な工具は10mmのスパナだけ。一応防錆処理にグリスをボルトに塗って締め付けた。

仮止めしてスライドドアのピンと位置を調整して本締め。

難易度の低いメンテナンスでした。

コメントをどうぞ

モノタロウ・カーゴバー

物撮り用照明にクリップライトを使っているのだが、脚がないから設置する場所を整えるのがなかなか面倒。

突っ張り棒の長いものが用意できれば床と天井で支えて、それにクリップしようと考えていたが、2m越えの突っ張り棒に用途的にも価格的にも良いものがない。

バモス用品を注文したときに一緒にこんなものを買った。長尺ものだから他の品とは別便で、違う運送会社が届けてくれた。

これは1600mm〜2900mmの長さに対応するモモタロウブランドの「トラック用カーゴバー」。

トラック内の荷物の整理や荷崩れ防止に利用するバーで、耐荷重40kgもある。外パイプの外径は30mmあり、重量も2.6kgとちょい重い。

写真のような感じで伸ばしてパイプにクリップが挟める。ものによるが、クリップが挟めるサイズとしては限界に近いかも。

ものが届くまでパイプのカラーはホワイトだとばかり思っていたが、実際はグレー。商品説明ページをちゃんと見たら書いてあった。

実はモノタロウでは同じ仕様で「スタンド 内装作業用 突っ張り式」というポールでブルーのものが別に販売されている。

価格も税込み2,079円で同じなのでお好みで良いのだけど、特価日に買えば1,900円以内で購入できる。2m越えの突っ張り棒で2,000円以下はなかなかない。

カーゴバーの構造は樹脂製の外パイプに、一定間隔で穴が開いた金属製の内パイプが入れ子になっている。黒い金具は内パイプの穴に爪が引っ掛かって下がってこないようにするストッパーだ。

ストッパーに直交して貫通するピンを右から押し込んでストッパーのロックを外す。
ストッパーを手前から押し込むと爪が穴から外れて内パイプがフリーになり、内パイプを自由に上下できるようになる。

伸ばすときはそうやって内パイプを上げ、天井などに当たったらロックピンを左から押し込む。

はじめて使ったときロックピンを左からは全然押し込めなくて、不良品か値段が安いから工作精度が悪いのかと思った。

これは僕の勘違いで、爪がちゃんと穴に入っていればラクにロックピンは押し込める。つまりバーの先端が天井に一番近い位置で、しかも爪が内パイプの穴に入るところまで伸ばせば良いのだ。

そして、最後に足元のベースを足で踏んで押さえ、外パイプを時計回りに回すとベースのネジが徐々に繰り出されて伸び、天井に固定される。縮めるときはこの手順を逆に行う。

最初は本当に仕組みを理解していなかったので、ベースを足で踏んでいなくて外パイプが廻らないと戸惑ったりしたが、ちゃんと分かれば何も問題なかった。

使い方は分かったが、ポールを垂直に立てるのは意外と難しい。ちょっと離れて見ると微妙どころかかなり斜めっていたりする。
慣れれば少しの手間で何もない場所に垂直ポールが立てられるようになるので便利だと思う。

あと、パッケージから取り出した状態のバーはビニール袋で包まれているのだが、ベースより細いため切り裂かないと取り出せない。
それと外パイプも内パイプもベタベタしていて、最初にしたことはパーツクリーナーで拭き取ることだった。特に内パイプは防錆剤が塗ってあったのかウエスが真っ黒に汚れるほどだった。

コメントをどうぞ

カテゴリー