ユニフィックス BHB-90

BBB ユニフィックス BHB-90は、ハンドルバーなどにボトルケージを取り付けるためのアタッチメント。自転車用ライトにLED懐中電灯を使っている人にとっては、ライトをハンドルに設置するためのパーツとなる。

130215-01

クランプするサイズによって、22.2〜25.4mmと25.4〜31.8mmの2種類が用意されている。上の写真は22.2〜25.4mm用。25.4〜31.8mm用は形状がちょっと異なる。

130215-02

2つのアルミパーツ+クランプ用のネジとボトルケージを取り付けるための六角穴付きボルト(2本)で構成されている。
2組をゲットしたのだが、そのうちの1組の六角穴付きボルト1本がアーレンキーが挿入できないという不良があった。店頭で購入する場合は要チェックだ。

130215-03

今回の購入目的は、GENTOS 閃 SG-325というライトを取り付けるホルダーを作るため。
ライトを取り付ける部分にはトピークの携帯ポンプ用のブラケットTMP-2C-1。取り付けネジ付きなので、ユニフィックスの不良ネジを回避できた。

130215-04

完成したホルダーをルイガノLGS-5に取り付けてみた。が、ハンドルに取り付けるときにちょっと手こずった。人によっては致命的なことかもしれない。

ユニフィックスは、片側を支点としてネジでハンドルなどを挟み込む構造になっている。写真で理解して欲しいが、この支点の切り込みが大きくないのでガバッと開かない。切れ込みが大きいと抜けちゃうので当然といえば当然だ。
なので、ユニフィックスをハンドルに付けるときは、下のアルミパーツを横からスライドさせて切れ込みに入れなければならない。つまり、取り付ける場所の横にスペースが必要なのだ。

130215-05

何とかLGS-5に取り付けることができたが、ハンドルが曲がっていたり、ステムが邪魔してこのスペースの確保が難しいかもしれない。
この問題さえクリアできるなら、軽いしコンパクトにまとまるし、しっかりライトをホールドしてくれる。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー