ダイソー・工作用ホッチキス

ダイニングチェアの布を貼り替えるために、ダイソーの「工作用ホッチキス」を買ってきた。

ネットでググると、ダイニングチェアやソファー、バイクのシートの張り替えをDIYされている方が結構おられるようだ。

そして、そんな方々が異口同音にお勧めされているのが、ダイソーの「工作用ホッチキス」。
ホームセンターで販売されているモノなど、いろいろな機種の使い比べで、失敗の少なさ、価格などの総合評価でダントツなのだ。

ダイソーの扱い商品の中では300円の高額商品であるが、失敗しても痛くない金額だし、ダイニングチェア6脚分の布を張り替えられれば良いだけなので、試してみることにした。

150116-07

この商品の欠点は入手性が悪いことらしい。実際、近所のダイソーには置いてなかった。
「店に行く前に電話で確かめよ」と先人の教えがあったので、隣町のダイソーに電話してみた。

その電話口では1個だけ在庫しているとのこと。取り置きを申し出ていただけたので、名前を告げてお願いし、後から取りに行くことにした。

店に行ってみたら、確かに工具用品売り場には1つもなくなっていた。しかし、文具売り場のホッチキスコーナーには数台ぶら下がっていたのは内緒だ。

150116-08

パッケージの中は、本体と紙などを綴じるときに使う台、台の取り付け説明書と100発くらい打てそうなお試し用の針が1本入っている。

150116-09

針は幅11〜12mm、足の長さ4〜8mm、太さ0.5mmのものが使える。使う人によってはMAX製のものを使う方もいるようだ。

150116-10

パッケージの裏面は針の装填方法や使い方、注意事項など重要なことも書かれているので、ちゃんと読んでおこう。

引き金を引くと強烈なショックがあり、よくある事務用のホッチキスの比ではない。
すごい勢いで針が飛び出しそうだ。目に刺さったらもれなく失明間違いなし。危険なので取り扱いには注意したい。

150116-11

ダイニングチェア1脚で100本ぐらい使いそうなので、替え針も一緒に買ってきた。1箱に1200発分(100発×12本)入っている。

150116-12

針の挿入口は金具を一旦押し込み、下に押し下げて爪を外してから引き抜く。

150116-13

金具を引き抜くと、長いバネの付いた押し棒が出てくる。

150116-14

針をこの向きで挿入したあと、押し棒を元に戻す。

150116-15

早速ダイニングチェアの座板に布を留めてみた。引き金のショックは大きく、カミさんの弁では腱鞘炎になりそうとのこと。

150116-16

ほんのたまにキレイに打ち込めないときもあったが、失敗の確率は少ない。たぶん99%ぐらいは成功したと思う。

あとホントに危険なので、保管時には針は本体から必ず抜いておこう。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー