ALEXRIMS AT450の手組みホイール

頼んでいたtokyobikeのホイールができあがってきた。

tokyobikeのフレームは650Cなので、実は一番困るのがホイールやタイヤまわりなのだ。完組みホイールもリムもタイヤも、とにかく選択肢がなさ過ぎる。

数少ない完組みホイールにするか、手組みホイールにするか、ない頭で考えた。
ホイールの振れ取りやスポークの破損、ハブのベアリングがすり減るかも知れない。後々のメンテナンスが必要不可欠なパーツであり、自分で組めれば良いが、一番手を出したくないパーツでもある。

そこで、どこの自転車屋さんでも対応でき、部品も入手しやすい手組みホイールにすることにした。

リム以外は主流の700Cと共通だから心配要らない。完組みホイールの場合、特注部品が使われていると製造中止になっている恐れがあるからね。
それに、入手可能な完組みホイールと費用がそれほど変わらないってのもある。

150120-01

依頼先は群馬県のサイクルショップ タキザワ
BANANA号の時にも手組みホイールでお世話になった。このときはDT SWISSのリムと105のハブで組んだ。
7年近く使っているが、今までに一度も振れ取りが必要になったことがない優秀なホイールだ。

150120-02

リムはALEXRIMSのAT450
メーカーには他の650C用もラインナップされているが、日本の代理店扱いはこれしかない。

日本ではミズタニ自転車岩井商会が代理店だが、取扱商品が異なる。しかし、どちらにしてもあまり需要のないリムは輸入しないのだろう。

150120-03

AT450は、ステンレス製のハトメが付いている分ちょっとお高い。
自分はディープリムとか好きではないので、オーソドックスなペタンとしたスタイルがとても良い。

150120-04

フロントハブはシマノのTIAGRA HB-4600。
SORAでも構わなかったのだが、シルバーのハブにしたかったのでTIAGRAにした。

150120-05

フリーハブもシマノのTIAGRA FH-4600。

スポークはハブに合わせてシルバー。お任せでお願いしたが、たぶんお店定番の「HOSHI #14 ストレート」だと思う。

サイクルショップ タキザワでは、ネットで手組みホイールを受注してくれる。
お店のホームページではいくつかのお勧め品が掲載されているが、今回はお店でラインナップされていないリムだったので、事前に注文を受けてくれるか問い合わせのメールを入れた。

回答の見積もりはリムの取り寄せ料金などが入ったものだったが、実際に請求された金額は見積額より安くなっていた。
10,000円以上の注文で、送料や代引き手数料が無料になるのも安心して利用できる。

tokyobikeに必要なパーツもすでに手元に届いているので、ぼちぼち組んでいこう。
ってその前に片付けなければいけない案件もあるのだが。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー