Koga-Miyata Lakesideの整備(1)

片付けなければいけない案件。それはKoga-Miyata Lakesideの整備で、もう4ヶ月程放置中。

整備の発端は、半年前に取り付けたばかりのスタンドが壊れてしまったこと。取り付ける自転車に合わせ長さを調整できるアジャスタブルタイプだったが、その調整機構が鬼門だったのかも。

カミさんから自転車が倒れやすくなったと報告があり、見てみるとスタンドの脚が短くなっている。いつのまにか縮んでしまい、自転車がかなり傾いてしまっている。
脚の根元のローレットを回転させて脚を伸縮させるのだが、ローレットが少ししか回せなくなり伸縮できなくなっていた。

140613-02

分解しようと思ったのだが、Cリングを使っていて、これを外す工具を持ちあわせていない。
そもそもLakesideはフロントバスケットを付けて、買い物用ママチャリ化している。この程度の重量物でも、載せて立たせるような用途には向かないスタンドかも知れない。直したところですぐに同じ症状が出るのが予想できる。

で、解決策として用意したのは、「ESGE ダブルレッグスタンド」。
これなら安定して立たせることができ、買い物自転車にこそ便利なスタンドだ。

しかし、センター設置のダブルレッグスタンドは、取り付ける自転車を選ぶ。
フロントディレーラーの変速ワイヤーが下引きの車種は、スタンドの取り付け金具と変速ワイヤーが干渉する可能性が高い。

上の写真を見てもわかるようにKoga-Miyata Lakesideも取り付けスペースが狭い。ワイヤーと取り付け金具の同居は難しそうだ。

150126-01

一計を案じ、取り付けるために、まずは自転車の汚れを落とそうと思い立ったことから完成までの長い道のり(カミさん目線ではズボラともいう)が始まった。(つづく)

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー