Koga-Miyata Lakesideの整備(2)

ESGEダブルレッグスタンドを取り付けるために、シフトワイヤーを外さなければならない。なら、いっそのことシフトファイヤーもブレーキワイヤーもアウターワイヤーも全部取り替えてやろう。
・・・と思ったのが運の尽き。

調子よくワイヤーをぶった切り、シフトワイヤーのタイコを外そうとして、ハッと固まった。

タイコにアクセスするにはどこを分解するんだろう?

ワイヤーの交換は過去にやったことがあるのだが、どこのネジを外したのか思い出せない。
こんな時のためのシマノの技術情報だが、ちょっと前からサイトのメンテナンスが始まり、ついに古いモデルのマニュアルを見られなくなってしまった。

最近のシマノパーツには取り付け説明書が付属しなくなった。完成車にはパーツの説明書すらない。DIYメンテする人は、情報にアクセスできるうちに手元に残しておくべきである。

で、ごちゃごちゃシフターをいじっているうちに大切なネジを紛失してしまった。
屋内で作業をしていれば部品も発見しやすかったのだろうが、屋外でやっていたので、芝に紛れて行方知れずになってしまった。

150126-02

12年近く使ったシフターだったから、気分一新、思い切って新しいシフターに換えることにした。ただ、現在は9速以上が主流になり、8速だと選択肢がほとんどないのが寂しい。

購入したのは格安で見つけた「シマノST-EF51-8」。アウターも赤に変え、ブラック&レッドでフロントが引き締まった。

フレームをきれいに洗い終わり、今度はフレームのサビが気になってきた。
ずっと屋内保管だったのだが、掛川に引っ越してきてスペースの都合で軒下保管になった。
雨ざらしではないが、クロモリフレームなので錆びやすいのだろう。ソバカスのような点々としたサビが目立ってきた。
・・・と思ったのが運の尽き。(つづく)

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー