iPhone 5対応 充電専用 Dock変換アダプタ

充電専用に特化したライトニングケーブルが、ダイソーから発売されていると報道されていました。
ダイソーに行くたびチェックしているのですが、店頭でお目に掛かったことが一度もありません。あったらぜひ1つ欲しいと思っているのですが、何故か縁がないのです。

先日「2LED自転車ライト 前用」を捕獲してきたときに、こんな製品を見つけてきました。

150224-01

「iPhone 5対応 充電専用 Dock変換アダプタ」というものです。

要は、iPhone 4sまでのiPhoneや昔のiPodで使われていたDockケーブルを、iPhone 5以降のライトニングコネクタに対応させるアダプタです。

パッケージには「株式会社 E Core」とあるので、ダイソー製品ではありません。専売品でなければ他でも入手経路があるかも知れません。

150224-02

ライトニングケーブルは特許使用料をAppleに払わなければならないため、安価に作ることが難しいらしいです。

特許の範囲に表裏リバーシブルであるという項目があり、この製品では片面で充電専用とすることで、特許を回避しています。

150224-03

「UPSIDE」とプリントされた面側には端子がありません。充電専用で、データ通信や同期には使えません。

150224-04

我が家には2005年頃に買ったiPod PhotoやiPone 4、iPhone 4sのDockコネクターケーブルが何本もあるので、充電だけでもこれはありかな、と思ったのです。

パッケージ記載の対応機種は、iPhone 5/5s/5c、iPod Touch 第5世代、iPod nano 第7世代、iPad 第4世代、iPad miniシリーズ、iPad Air 等ライトニング端子対応機種。

150224-05

パッケージには「iOS(7.0.6)で動作確認済み。」と記載されています。自分のiOS 7.1.2のiPhone 5sでUSBハブから充電してみました。

iPhoneに挿入するときは「UPSIDE」面をディスプレイ側に向くようにします。逆面では反応なし。ちゃんと認識すると、無事100%まで充電できました。充電速度もいつもと変わりはないようです。

「iTunes」を起動しているときにiPhoneを接続すると、ライトニングケーブルで繋いでいた今までは、接続するたびに「OSをバージョンアップせよ」とうるさく警告されました。
このアダプタなら「iTunes」が反応しないので、鬱陶しさが軽減できたのが副産物でした。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー