パナレーサー・ツーキニストもリタイヤ

8月1日のエントリー「トレッドが剥がれたツーキニスト」で、タイヤの内側からパンク修理用パッチを貼って、延命を試みた「パナレーサー・ツーキニスト」だが、先日(9月10日)のこと出先でパンクした。
もちろんパンクした場所は同じとこ。パンク用パッチなんか訳なく貫通だ。
その場はとりあえずチューブを入れ替えて帰ってきたが、次の日にエアーを補充したら、「バッシュ」と大きな音をたてて、またパンクしてしまった。

ちょっと前にも「Deda TRE GRINTA」をリタイヤさせたばかり。パンク用パッチをタイヤに貼ってもあまり役に立たないことがわかった。orz
とうとう年貢の納め時と観念し、新しいタイヤを発注することにした。

MTBルック車の「ルイガノLGS-5」が今まで履いていたタイヤは「パナレーサー・ツーキニスト・リフレクト」26×1.5。ワイヤービードにもかかわらず480gと軽いタイヤだった。現在は定価4570円もするんだね!
今回は1本2000円前後で軽いタイヤを目標に選定した。

いろいろ通販サイトを眺めていると、安いタイヤはやっぱり重い。軽いタイヤもあるが「パナレーサー・パセラ」のようにケーシング(サイド)がペラペラな構造だったりする。
どうも僕はタイヤサイドが鬼門のようなので、サイドもある程度しっかりしていて欲しい。
重量を抑えるためにタイヤサイズの細いものも選択肢に加えることにした。チューブまで新調しなければならないが、走るのが辛くなるのも嫌なので仕方ない。

最初に「GEAX STREET RUNNER 26×1.25」1564円というのを見つけた。重量も490gで「よさそー」と思ったのだが、よくみたら欠品の表示。
「GEAX」は、あまり聞かないメーカーだと思ったら、ロードタイヤメーカーで有名な「ビットリア」のMTB向けブランドだそうだ。メーカー的には安心できそうだ。

その他にも候補が出たが、予算オーバーだったり、重過ぎたり。
結局「パナレーサー・パセラ・ブラック 26×1.25」をアマゾンに発注した。
選定理由は、価格が送料込み1926円であったこと、サイドが丈夫そうなこと、重量が500gで許容範囲なこと。

110915-01

で、今日アマゾンからでかい箱が届けられてビックリ。タイヤが2本だけ、まるっと入っている。サイクルベースあさひとかだと、一回ひねった状態で段ボール箱に入ってたりした。
贅沢な段ボール箱の使い方は、アマゾンの標準仕様なのかも知れない。

チューブとかリムテープとかも発注したのだけど、アマゾンでまとめられなかったので、他のショップ(ワールドサイクル)に依頼した。
アマゾンって自転車用品はアマゾン扱いじゃないことが多いから、1店舗で絞れなかったり、送料が高く付いたり、クレジット決済だったりするので使い勝手が悪いときがある。他の商品の価格と郵便振替で振込手数料いらなかったのでワールドサイクルに初めて注文してみた。
アマゾンと同時に入金したけど、ワールドサイクルからはまだ発送の連絡はない。

<2011年9月15日追記>
記事をアップした直後に発送の連絡がヤマト運輸からあった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー