パンク

パンクしちゃいました。道端でチューブの交換も初めてしちゃいました。

午前11時頃にお客さんの会社に寄って、その後、少し走ろうと思ったのです。

エアポートウォークに入るあたりで、トラックが路肩に寄って止まっていたので、パスしようと歩道に入ったら、あまり路面が良くなくって。それで、U字溝のふたの角で滑っちゃったのです。

転倒は免れたものの、走り出したら、あらら、前輪がおかしいぞ。で、パンクしていました。

道端でパンク修理

前輪をフロントフォークから外して、タイヤレバーでタイヤを外し、さらにチューブを取り出す。チューブにエアを入れて、パンクした場所を探そうと思ったんでsyが、全然分かりません。
交差点で店開きしたせいで、辺りの騒音が大きくて、空気が漏れる音なんてちっとも聞こえない。

穴探しはあきらめて、さっさと予備のチューブと交換。タイヤの中にセットし、タイヤをリムにはめる。チューブがリムとかんでないか、ざっと一回りチェックし、携帯ポンプでエアを入れる。ある程度ふくらんだら、後はCO2ボンベの登場です。

ロードで初パンクだから、CO2ボンベを使うのも初めて。インフレーターをボンベに取り付け、バルブに付けたら、コックをひねる。あっけない簡単さでエアが充てんされた。タイヤを指で押すと、通常の80%くらいの感じ。

フォークにホイールを取り付けて完了。前輪を外してから完了するまでの時間は20分くらいでした。早いのか遅いのか分かりませんが、まあまあではないかと。

パンク修理工具たち

上の写真は、本日活躍した修理工具たち。
左上はairboneのミニポンプにgrungeのポンプアダプターを付けている。ポンプの下はマルニのタイヤレバー、その右はCO2ボンベとTNIのインフレーター。小さな四角いものは、今日は使わなかったが、パークツールのスーパーパッチGP-2。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー