峠三昧、世界一の狛犬

瑞浪の「世界一の狛犬」へ行ってきました。コースはこんな感じ。

自宅を6時15分に出発。国道363号に入る品野町あたりまで約1時間。入り口のファミマで少し休憩。この先にコンビニはないので補給は必ずここで行います。

9%の勾配標識

しばらく走ると、いきなり9%の勾配標識に萎えます。

先日膝を痛めて久し振りなので、いたわりながらのサイクリングなのですが、アップダウンが続き、徐々に嫌な感触がよみがえります。

世界一の狛犬に到着

坂は嫌いですが、でも、やっぱり山は気持ちいい。ところどころに気温の表示があり、25℃だって。涼しい。他のサイクリストに何度も出会う。てなうちに9時頃、目的地に到着。

世界一の狛犬

これが「世界一の狛犬」。美濃焼で、阿形像は高さ3.3m、幅1.56m、奥行き2.4m。吽形像は高さ3.29m、幅1.51m、奥行き2.36m。総重量は一対で15トンの焼き物です。

世界一の狛犬

帰りは国道419号を南下し、戸越峠を経由して瀬戸に戻ります。しかし、藤岡あたりで再び足攣り岬。膝の痛みもぶり返します。
どうやら足が攣ると連動して膝が痛むようです。ときどき休憩し、足のストレッチでほぐすと、しばらくは膝の痛みが薄れます。

戸越峠に入る手前でボトルを2本消費し、水分ゼロになってしまいました。とうとう膝の痛みに耐えかねて、自転車を押すことになってしまいました。
この峠はダンプカーの往来が多い。自転車を押す僕の横を何台もダンプが追い越していきます。

戸越峠のせせらぎで休憩

峠のてっぺんの手前あたりにせせらぎがあり、ここでしばし休憩。水が冷たくて、顔を洗ったらいい気持ち。水は飲まなかったが、復活できました。
リフレッシュできたところで峠を一気に下り、コンビニで水分補給。

自宅に戻ったのは12時15分頃。夏場のサイクリングは午前中に走るに限ります。

迷走距離:81.41km AV:17.74km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー