【警告】YUBISAKI使用上の注意

1月5日のポタリングに、先日紹介した手袋を付けていてもiPhoneのタッチパネルが操作できるようになる「YUBISAKI」を付けて出掛けました。
手袋はsaitoimportの冬用サイクルグローブ。乗った自転車はなんちゃってMTBのルイガノLGS-5。

右手の人差し指と中指に手袋の上から「YUBISAKI」を差し込んだだけの状態。ブレーキやシフターを操作する指なので、脱げてしまうだろうと予想はしていました。案の定10kmくらい走ったら人差し指に付けた「YUBISAKI」が半分くらい脱げかけていました。

140106-01

往きは注意しながら走っていたので問題はありませんでした。ですが、帰りに家のそばから自宅に電話したときに、2本とも指からなくなっているのに気付きました。

「YUBISAKI」を装着している指は一番よく使う指。自転車ではブレーキやシフターを操作する指。だから脱げやすい。グリップを握った死角の場所で事件は起きるから、脱げたことになかなか気がつかないのだ。

探すと1本はすぐ足下に落ちていました。ですが、もう1本はそこには見当たりませんでした。
「買ったばかりなのに」「今日が実戦初日なのに」「また余計な出費が」と、ショックを引きずりながら来た道を引き返すことにしました。

結局1.6kmほど戻った路上に落ちているのを見つけました。落としてからすぐに気がついたこと、そして車に踏まれたようすもなく、2本とも無事に回収できたのはラッキーでした。

「YUBISAKI」使用者に警告します。「YUBISAKI」は手袋に固定すべし!!糸で縫うか、両面テープで貼り付けるか、とにかく脱げないような対策をすべし。
何もしなければ簡単に脱げて、いなくなってしまうことを心すべし!

あと、落としたときにブラックは見つけにくいと思いました。

<2014年7月12日追記>
その後「YUBISAKI」は両面テープでグローブに固定しました。書いたと思っていましたが、このことを書いていないようなので今追記します。

「YUBISAKI」をグローブの指先に装着してから、端の部分を裏返しします。
その端の部分に幅5mm程度に切った両面テープをぐるっと一周貼り付けます。テープが端からはみ出さないように、少し内側に貼ると仕上がりがキレイになります。
「YUBISAKI」の端を元に戻し、両面テープの接着面の保護紙を抜き取り、圧を掛けて接着します。
最後の接着作業はグローブを手に装着した立体的な状態で行うことをお勧めします。

これで「YUBISAKI」はグローブと離れられない仲になって、急にいなくなることがなくなりました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー