自転車用ヘルメット O-cle CS-4600

先日注文した自転車用ヘルメット O-cle CS-4600が届きました。注文したのが16時前、翌日午前中に発送メールが届き、翌々日夕方に佐川急便が配達に来ました。

140114-01

配達用段ボールの中には、このようなパッケージが入っています。今使っているOGK Gaiaのパッケージもこんなだったので、8年近く経ってもパッケージの進化はないようです。

140114-02

CS-4600を斜め上から見ます。下方の目玉みたいな部品を外すと、付属のサンバイザーを取り付けるための穴があるはず。僕はサンバイザーは付けません。

140114-03

正面から。虫の侵入防止ネットが付いています。

140114-04

真上から。

140114-05

後ろから。

140114-06

フィッティングのための調節ダイヤル。

140114-07

クッションと虫の侵入防止ネットは一体型でマジックテープ固定。Gaiaに比べてクッションの面積が増えています。

140114-08

ヘルメットの端はポリカーボネートのカバーで覆われていません。右のGaia(黒い方)はカバーされていて、この辺が価格の差でしょうか。

140114-09

上はGaia、下がCS-4600。CS-4600はかぶり方がちょっと阿弥陀になってしまいました。

僕の頭のサイズは実測56cm丸刈り。ヘルメットはS〜M(54〜58cm)サイズ。中間サイズの頭ですがフィッティングすると、後ろの方が結構余裕ありまくりで、飛び出してしまっています。普段はバンダナを着けているので、もう少し改善されるとよいのですが。

Gaiaではすぐ耳の後ろ側から出ていたあごひもの後ろ側が、後頭部の方から出ています。最近のものはこうなのかな?このひもが頭全体をホールドしてくれるような感じで安心感があります。

140114-10

付属はサンバイザーと取扱説明書。
「JCF公認マークがヘルメットに貼ってない!」「商品を間違って送ってきたか?」とあせりましたが、送り状の2枚目にシールが添付されていました。シールの貼り付けはセルフサービスなのね。

シールはヘルメットの外面右側面後方に貼り付ける規定があります。剥がれても再発行はないようなので注意すべし。白いシールはJCF公認。ちなみにJCF推奨は緑色。

140114-11

実測重量は238g。今まで使っていたOGK Gaiaは222g。16gアップですが、その差は感じません。実際に走ったときの感じは後日報告します。

最近のOGKの1万円程度のヘルメットを見ていないので比較できませんが、Gaiaと見比べた限り全体的に大きな差を感じません。4,000円で同程度ならば、これはありでしょう。

<2015年8月10日追記>
1年半以上使ってきて、2点だけ不満な点があります。いずれもあごひもについての不満です。

1点目は、バックルが緩みやすい。多分あごひもが滑りやすい素材を使われているせいでしょう。幸い使用中に緩むことはないが、何度も付け外しをしていると、緩くなっていて締め直す機会が多い。OGKのGaiaではあまりなかったことです。

2点目は、あごひもがライトグレーな淡色なので、汗染みの薄汚れが気になってきました。Gaiaは黒色だったので、この点を気にしたことはありませんでした。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー