防犯登録してきた

tokyobikeのDECOMA号が完成し、試走がてら近所のカインズホームセンターへ行って、防犯登録をしてきました。

「その店で買った自転車にしか防犯登録をしてくれない」という意地悪な自転車屋さんも存在するようですが、カインズホームには「他店購入の自転車でもOK」みたいなPOPが掲示されていました。

持ち込んだ自転車が古いものだと盗難車の可能性もあるので嫌がるのかも知れません。疑いを晴らすためにも「譲渡証明書」をフレームを買ったお店に書いて貰います。

カインズホームには譲渡証明書を持参し、自転車を売り場まで運びましたが、譲渡証明書だけで手続きは完了。本体には見向きもされませんでした。

登録料金は315円。名古屋でBANANA号を登録したときには500円払いました。大阪のサイクルベースあさひで買った息子の自転車も500円でした。登録する県によって料金はさまざまなようです。

150317-02

お店の人がステッカーを貼ろうとしたので、自分で貼ると言ってステッカーを貰って来ました。
「サドルの下に貼れ」と言われましたが、そんなスポーツ車に似合わない場所は嫌です。BANANA号はBBの裏に貼りました。DECOMA号はスペースがないのでダウンチューブの裏に貼りました。

ステッカーは県によってデザインが違います。愛知県は赤い角丸長方形ですが、静岡県は富士山の形を模したような八角形です。
貼りたくなるような格好いいデザインだと良いのに。そんな県はあるのかな?

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー