紅白の向こう側

紅白歌合戦の視聴者審査員で紅組に投票したが、残念ながら負けてしまった。
ももクロちゃんの出演時の視聴率が、関東40.6%、関西41.5%と報道され、番組の後半戦の盛り上げに貢献できたようだ。

元旦早々ももクロちゃんから「元日重大生発表」というのがあり、紅白歌合戦出場に代わる新たな目標として「国立競技場でのライブ開催」が示された。

130107-01

国立競技場は2014年7月から解体工事が始まり、2019年4月に「新国立競技場」として生まれ変わる。
それで、巷では来年7月までにライブが行われるのかと期待される方もいるようだが、この目標はそんな短期なものではないだろう。

国立競技場は年に1組か2組のライブしかできないとか、国立競技場に相応しいアーティストにしか許可されないとか言われている。
国立競技場はシンボリックなものだと思う。それに相応しい実績を積み重ねていこうという、意思表明であろう。
国立競技場ライブは何年先になるかわからないけど、気長に待とうと思う。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー