イヤープラグ

ももクロちゃんなどのライブに参戦して声が甲高く聞こえたり、音圧のせいでライブ後に耳の不調があったり、といった困りごとがあると以前エントリーしました。
Perfumeのライブではスピーカーの真ん前の席で、途中からスピーカーが壊れているんじゃないかと思えるようなこともありました。

多分、僕の耳は人よりも虚弱体質なのかもしれません。そういう場所に行かなければいいんだけど、それでもやっぱり参加したい。
で、思いついたのが耳栓をすること。そして、いろいろ探したらこんなのがありました!

ETYMOTIC RESEARCH(エティモティックリサーチ)のイヤープラグER-20。音質を変えずに、音量だけを約20dB減衰させることができる、らしい。
調べるとプロのドラマーやギタリストなど、常に大音量に晒されている方々も使っているようです。

サイズはLarge FitとStandard fitの2種類が国内で販売されています。どちらのサイズが良いか迷いました。Large Fitは日本人に会わないと言う人もいます。
で、Large FitとStandard fitがそれぞれ1ペア同梱されているER20-SFT-Comboを注文しました。別々に購入するよりずっと安く済みます。

130321-03

写真上段が保護ケース。左右から押さえると上部がコインケースのように口が開きます。イヤープラグ1ペアとネックコードぐらいが入る容量です。

中段がイヤープラグ本体。白がLarge Fit、グレーがStandard fit。

下段左はネックコード。先端の樹脂部分をイヤープラグの透明部分(エンドキャップ)に被せて接続します。下段右は保護ケース用のチェーンだと思う。説明がないので他に用途が見当たりません。

130321-04

耳への装着はエンドキャップを持って、ひねりながら差し込みます。耳たぶの上をつまみ、外向きに上へ引っ張ると入れやすい。

上の写真はLarge FitとStandard fitの大きさの違い。ちなみに1円玉の直径は20mm。僕の耳にはStandard fitの方がフィットしました。

実際の使い心地は実戦でしか確かめようがありません。次回参戦するライブに期待したい。

参考に僕の購入先はサウンドハウスという販売店。直営サイトと楽天市場、Amazonに出店していますが、品揃えが異なります。直営サイトに注文し、中1日で配達されました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー