菊川運動公園へLD散歩

昨日10月4日はカミさんと菊川運動公園までLD散歩=ロングディスタンス散歩、つまり長距離散歩に行ってきた。

151004-01

県道を歩いていたら、踏切警報器のカンカンという音が聞こえる。道とも呼べないような怪しげな路地に分け入ったら、ちゃんとしているが人しか通れないような踏切に出た。
クルマは通ることができないが、「エンストしたらボタンを押す」という立て看が立っている。

151004-02

踏切の辺りの地名は掛川市満水(たまり)と言うのだが、踏切の名称は満水(まんすい)踏切というんだ。

151004-03

県道を避けて、地元民しか通らないような道を歩いて行くと、新幹線の真上から眺められる跨線橋があった。

151004-04

視線を感じたら、真っ黒集団の八つの瞳に見つめられていた。

151004-05

菊川運動公園の見晴台に登る。

151004-06

見晴台の尾根から野球場を外野側から臨む。

151004-07

公園までの道中も、公園の中でも蜘蛛にたくさん出会った。しかも多分、ジョロウグモが多い。おなかの先端に赤いところがあるから多分ジョロウグモのはずだ。

151004-08

秋口は蜘蛛のシーズンなのかな?蜘蛛の巣のハンモックも陽光に照らされて目立っていた。

151004-09

運動公園を出て菊川駅を目指して歩く。途中に寄った鹿島神社、に隣接されたお稲荷さんの鳥居。

151004-10

帰りは疲れたので菊川駅から電車で掛川まで戻る。

151004-11

入口の庇の下は空き家になったツバメの巣でいっぱい。毎年こんな情景が繰り返されるのだろう。巣のあった跡も多数あった。

掛川駅から自宅までも歩いたが、結局16kmほど歩いたことになる。自転車だったらたいした距離じゃないが、脚のあちこちが痛くなった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー