漁師のどんぶり屋

今日は朝から天気が悪かったのですが、カミさんに誘われて「古墳時代の実像を探る」という展示を見に、大東図書館へ行ってきました。

151213-04

展示を見たついでに常設展も見て館内を見学したらもうお昼。昼飯をちょっと離れているけど、磐田市の福田漁港にある「漁師のどんぶり屋」へ食べに行きました。

このお店は2年前に自転車で行ったことがあり、今日で2度目。

151213-05

食べたのは1,000円の天丼。前に行ったときは800円だったので200円値上がっていました。うな丼も1,500円になっていましたが、近頃の相場的にはそれでもリーズナブルかも。

天丼の具はあじ・えび・さつまいも・かぼちゃ・ピーマン・ちくわなど。あじの天ぷらは頭から尻尾までバリバリ食べられます。
ボリュームたっぷりでしたけどガッツリ完食して、夕飯時になっても腹持ちしていました。

毎週金・土・日の午前11時から午後2時までの3時間しか営業していなくて、祭日も営業していません。来年正月3が日は営業するという張り紙が出ていました。

151213-06

「漁師のどんぶり屋」のすぐ近くに「食の拠点づくり施設整備事業」で「交流館(仮称)」を建設していました。

ちょっと調べたら、こんな資料が出てきました。御前崎にある「なぶら市場」みたいな施設ができるのでしょうか?

151213-07

その奥には「津波避難タワー」も建設されていて、資料ではもっと高いタワーになるようです。

何にせよ、新しい施設ができるのは楽しみでもあります。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー