Lemnos RIKI CLOCK WR-0401S

仕事場で使っている掛け時計が、猛烈に遅れるようになってきました。

160728-06

この掛け時計は、自分が初めて事務所を開いたときに友人から贈られたもので、思い返せばもう30年以上の時を刻んできました。
それから掛けられる壁はいくつも移り変わってきましたが、ずっと自分のそばにありました。

暇を見つけて直せるものなら直してやりたいが、時計を見るたびに遅れが気になってきたので、とりあえず新しい時計を新調しました。

160728-01

調達したのは「Lemnos RIKI CLOCK WR-0401S」。シンプルな箱に入ってやって来ました。

これを選ぶのに結構いろんな時計を見てきました。何しろ今まで30年以上を1つの時計で使ってきましたから、この先も同じくらいずっと使い続けたいからです。

最近の時計は電波時計のものが多いようです。同じ部屋に貰ったSEIKOのデジタル電波式置き時計が置いてありますが、電波を拾ったり拾わなかったり。
仕組みが複雑だと寿命も短そうなので、あえて普通のムーブメントのものにしました。

ムーブメントにもステップ式とスイープ式があります。
ステップムーブメントは、秒針が1秒単位で移動するタイプで、コチコチと音がするもの。スイープムーブメントは秒針がヌルーッと移動するタイプで、音が静かと言われています。

自分的には秒針がヌルーッと動くより、コチコチ動くやつの方が時計らしくて好きです。
設置場所は寝室ではないから、こだわらない。とにかく飽きの来ないシンプルなデザインと価格重視で選びました。

160728-02

パッケージの中は、時計本体と取り付け用ネジ、単三乾電池1個。それに取扱説明書と保証書。

160728-03

「RIKI CLOCK」は渡辺力さんという工業デザイナーがデザインされたシンプルな時計です。

文字盤の文字は太く視認しやすいが、目盛りは細く、少し太い時目盛りくらいしか、ぱっと見識別できない。でも実際用途としてそれぐらいで構わない。
枠はプライウッド、いわゆる合板で、タンバリンやドラムを作られていた楽器職人が製作しているそうです。

実はこの手のデザインは模倣かどうかは知らないが、結構たくさんあったりします。
購入前の候補には、「Lemnos AY clock LC04-11」や「KATOMOKU 掛け時計 km-23M」なども上がっていました。
もっとお安い商品もありますが、枠が木製風プラスチックだったり、文字盤が波打つっているとレビューに書かれたりしていたので、そういうのは候補から脱落しました。

160728-04

ムーブメントはリズム時計製のクォーツ式。単三電池1個で駆動します。
ステップムーブメントですが、ほぼ無音。秒針が付いていないので動いているかどうか、すぐには確認できません。

160728-05

文字盤が枠に対して奥の方に位置するため、壁に付けて見る角度によっては、文字や目盛りが隠れて見えなくなります。

160728-07

「Lemnos RIKI CLOCK WR-0401S」は直径203mm、奥行き45mm。木枠に前面ガラスのため、重量410gとちょっと重い。

ラインナップには直径354mm、奥行き48mmとサイズが大きい「WR-0401L」や電波式のもの、文字盤のデザインが異なるものなどが豊富にあります。

160728-08

肝心の時計としての精度ですが、使い始めたのが3月21日。約4ヵ月で1分くらい進んでいるようです。

仕様は平均月差±20秒以内なので、仕様範囲内ですが、もう少し精度が高いと良かった。

<2017年9月9日追記>
ふと時計を見たら1時間以上遅れています。止まってはいないようですが、多分電池切れだろう。
2016年3月21日に使い始めたから、1年半弱保ったことになります。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー