原野谷川遡上からの小国神社

2、3日前からやっと夏らしい気候になりました。
暑くなりそうで出掛けるか迷いましたが、カミさんは友人とポケモンGOハンティングに行くというので、留守番も嫌なのでサイクリングに出掛けました。

先日、原谷から原野谷川を下りましたが、今日は逆に原野谷川を遡上することにしました。川沿いならなんぼか涼しいだろうという期待もありました。

160730-01

川沿いシリーズということで、まずは逆川沿いに袋井方面を目指します。

写真のような木立に囲まれた道は涼しくて良いのですが、路面の状況が分かりづらい。トラップがどこかに潜んでいそうで、過去のトラウマが蘇りちょっと怖い。

160730-02

同心橋東の交差点から左の側道へ入り、国道1号を反対側へくぐり、原野谷川の堤防道路に出ます。

160730-03

堤防道路に出て少し来たところ。

160730-04

吉岡橋手前の堰。先日来た時は滝のような流れだったのに、今日の水量はかなり少ない。

160730-05

先日は吉岡橋を向こう側から渡ってきましたが、向こうの道は難所になるので、きょうは渡らずにこの先へ進みます。

160730-06

吉岡橋とほんの目と鼻先くらいに並行して掛かる橋ですが、橋名がわからない。

160730-07

橋を渡って反対側に銘板が掛かっていました。「新吉岡橋」だそうです。これを見て、ふと気がつきました。

160730-08

反対側は、銘板が外されていたのです。

少し前から橋の銅銘板の盗難のニュースが言われていました。まさか地元でも起きていたことだったと、ちょっと驚き。

160730-25

しばらく行くと分岐していて、堤防沿いはダート路で、細かな砂利が敷き詰められています。
先日も同じような状態で、タイヤが滑るので歩くことになりました。同じ轍は踏みたくないので素直に堤防道路から離脱することにしました。

最初から原野谷川遡上は原谷を終点と決めていました。この先は小国神社に行くことにします。

160730-09

小国神社は年間を通してそれなりの参拝客で賑わっています。

160730-10

本殿にお参りする前に、まずことまち横丁で「プリンかき氷」を食べました。

「プリンかき氷」は500円。他にも「お濃茶ソフトクリーム」など、いろんなアイススイーツがありましたが、これが一番珍しそうだったので、これをチョイスしました。

皿の縁が汚れているのは、移動する際にちょっとこぼしてしまったのです。

160730-11

かき氷とは言えないふわふわとした食感で、味はまさしくプリン。キャラメルソースもおいしい。

食べていたら口の中に何やら堅いものが。口から出してみたら、それはアーモンドでした。全部で4個ぐらい入っていました。

160730-12

鳥居をくぐった先の参道は、両脇の樹木が高くそびえ、霊験あらたかな雰囲気を醸しています。

160730-13

160730-14

160730-15

160730-16

160730-17

拝殿脇にクルマがずらり。安全祈願のクルマだろう。

160730-18

160730-19

宮川に掛かる赤い橋の向こう側では大勢の子供たちが水着で水遊びをしていました。
川底が泥なのか、遊んでいるところの水が濁っていて、何だかなと思いました。

160730-20

その横では櫓が組まれていて、ここでわらび餅やみそ田楽などが食べられるようです。

160730-21

小国神社では食事をせず、袋井市街のコープで「うどん・うなまぶしご飯セット」を食べます。
399円と安いだけあって、この神業的薄さのうなぎを見よ。

160730-22

店から出てきて走り始めたら、後輪の感触が変。なんとパンクしていました。
夏場は何故かパンクが多い。タイヤの内側を探ったが異物が刺さったような形跡なし。

店先の駐輪場がちょうど日陰だったので、場所をお借りして修理。出先でチューブ交換なんて何年ぶりだろう?

160730-23

コープから出て、再び原野谷川堤防へ。向こうの橋は広愛大橋。渡ると愛野公園です。

160730-24

8月6日にはこの河川敷で毎年恒例の花火大会が開催されます。

遠州は年間を通して風が強い。日焼け止めを塗っていなければヤバいくらい日差しは強かったのですが、吹く風は心地よく、体感温度を随分和らげてくれています。

迷走距離:53.40km Av:17.38km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー