袋井の富士浅間宮

1月3日にカミさんと一緒に、袋井市にある富士浅間宮へ自転車で行ってきた。

170103-01

袋井市と掛川市の境あたり、国道1号線の不入斗入口交差点を南へ入ると旧東海道に突き当たる。その角に富士浅間宮の赤鳥居がある。

ちなみに不入斗入口交差点には「Funyuto Ent.」と表示されているが、地名は「いりやまぜ」というらしい。
他にも「いりやまず」と読む地名も存在するようで、実際のところ、ここがどう呼ばれているのかは地元の人に聞いてみないとわからない。

170103-02

その鳥居の下に「←800m」と案内が掲示されている。
ちょっと前に行ったんだけど、結局本殿を探すことができず、帰ってしまった。

そんないきさつから、鳥居はあるのに本体が見当たらない謎の神社として気になっていたのだ。

170103-03

その時はGoogle Mapでも見つけられなかったが、ある程度の縮尺まで拡大すると富士浅間宮が地図上に現れ、東名高速を越えた所に存在することがわかった。

170103-04

不入斗入口交差点を渡り、東名高速道路のガードをくぐると富士浅間宮の入口に到着。

170103-05

石段横の看板に「車馬ヲ乗入ル事」禁止と書かれていたので、注意に従って、看板の裏あたりに駐輪することにした。もっとも自転車ではこの階段は登れないが。

この看板には他に、「魚鳥獣ヲ捕ル事」「竹木ヲ伐ル事」を「禁止候」と書かれている。

170103-06

石段は途中で90度に折れ曲がっていて、全部で130段くらいあった。

170103-07

石段の先の第二の鳥居。

170103-08

さらにその先にある山門。

旧東海道の赤鳥居はピカピカだったので期待していたのだが、本体はぐっと渋く古びていた。

170103-09

山門に架けられたしめ縄は藁じゃなくて布製。
多分毎年付け替えなくても済むように考えられた省エネタイプなのかも。

170103-10

山門をくぐると、地面に礎石がいくつも残っていた。

170103-11

案内によると安政の大地震で倒壊してしまったようだ。

170103-12

山門の突き当たりにある手水舎。

溜まっている水がいつからのものか不安があったので、奥の蛇口をひねって、そこから出てくる水を柄杓で受けて手を清めた。

170103-13

参道の途中に脇道があり、そこは茶畑に続いている。木々が鬱蒼として何かがいそうな雰囲気。

170103-14

参道を進んだ左側に本殿が現れる。

170103-15

170103-16

御祭神は木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)。

木花開耶姫は、富士山信仰の総本山の富士山本宮浅間大社の社伝では水の神とされ、噴火を鎮めるために富士山に祀られたそうだ。このことから、妻の守護神、安産の神、子育ての神とされているそうだ(by Wikipedia)。

170103-17

結構大きな神社だが、お正月だというのに参拝する人もなくひっそりとした感じ。

170103-18

裏手に回ると摂末社が一堂に並んでいる。

170103-19

摂末社の内訳。

170103-20

170103-21

本殿は桃山時代に建てられたもので、国の重要文化財に指定されている。

170103-22

透かし塀から本殿を覗いてみた。

170103-23

帰りに親戚の家に寄ったが、地元の人でも富士浅間宮のことはあまり知られていない印象だった。

その昔は不入斗村一帯が神領という広い敷地を持ち、流鏑馬祭も行われたような神社だったらしい。現在は地域の氏神様のような感じなのがもったいない。
他所のブログでは、近くに宮司さんも住まわれていて、御朱印もいただけるようだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー