ぎっくり腰

ぎっくり腰になりました。玄関先で年老いた飼い犬を家に上げるため持ち上げたらギックリ!
その場で崩れ落ち、今まで経験したことがないくらいの重症になりました。

最初は立ち上がることもできず、玄関先でひっくり返ってもいられないから、カミさんにリビングまで引きずってもらい移動。ただ魚河岸のマグロのように転がっているだけ。
ちょっと動くだけでも激痛が走り、その度に海老のようにのたうちまわります。

立てないからトイレにも行けません。あんまり切羽詰まってきたので、カミさんに大人用の紙おむつを買いに走って貰いましたが、帰ってくる前になんとか床の上でソファーにもたれ、クマのプーさんのような格好で座ることができたので、牛乳の空パックに用を足しました。
我慢をし過ぎたのと、牛乳パックを斜めにしかセットできないため、もう少し遅ければ自分のもので溺れ死にという、悲惨なことになっていたかも知れません。

不思議なことに、こんな緊急事態だとトイレの回数を極端まで減らすことができました。
ぎっくり腰初日は1回、2日目も2回しか行ってない。寒い時期だとこうはいかないだろう。立てないことの切実さを感じました。

何かの都合で腰をひねったり、動かしたりすると激痛が走ります。咳をしても、くしゃみをしても、むせても痛い。屁を勢いよく放っても痛いし、笑っても痛くて泣けてきます。

でも、仰向けになって膝を曲げていれば痛みのないポイントがあり、常に痛いわけではありません。
同じ姿勢を続けていると、それも辛くなってきますが、寝返りを打ちたくても腰を動かすと痛みが走るのでままならない。

初めの頃は体を横に向けることもできませんでした。水分はサイクリング用のボトルがあったので、それでチューチュー吸って困りませんでした。
手元に鎮痛剤の「イブA錠」があったので飲もうとするのだけど、仰向けでは食道を通過するような気がせず、なかなか飲むことができません。

翌日には鎮痛剤が効いたのか体をひっくり返せ、さらに休み休みですがハイハイで移動できるようになりました。
お陰で何とか自力でトイレに行って便器によじ登り、用を足すことができるようになりました。

前回のリフォームで我が家の年寄りのために、トイレや浴室に手摺りやバーを設置したのですが、自分が一番最初に恩恵を受けることになるとは思わいませんでした。
しかし、反省点もあります。手摺りはあると良いだろうぐらいの考えで、実際の使用シーンのことまで考慮していませんでした。

今回の痛みは右のお尻に集中していて、何をするにも動きに制約が出ました。例えば仰向け状態からうつ伏せになるのに、体を回転させる方向によって痛みが出る向き、出ない向きがあります。
そんな感じで、立ち上がるために使える脚とか、つかめる腕とかの左右が制限されます。右腕しか使えないケースで手摺りが左腕側では困るのです。
予算とスペースがあれば左右対称に対応できるように手摺りがあると良いと思いました。

ぎっくり腰になった場合、1〜2日は絶対安静にして体を休め、その後痛みが継続するようなら医者にかかるなどした方が良いようです。
実際に一番痛いときには立てないし、歩けないし、病院の待合室で座って待っていられるか。そもそも自宅の駐車場まで行けないし、その先のことを考えたら不可能に近い。

体を無理に起こされたり腕を引っ張られても痛くて、自分で痛くないポジションを探しながら体勢を変えていくのが一番辛くありませんでした。
最悪のときに往診してくれるようなシステムがあると良いのにと、心から思いました。

幸い、4日目には立つこともできるようになり、歩いてトイレに行くこともできるようになりました。ただ長時間腰掛けたり、同じ姿勢を続けると痛みが出てきます。

1週間経って、今日やっと整形外科を受診しましたが、レントゲンは異常なし。湿布薬だけを処方して貰い帰ってきましたが、今までの経験でも多分その程度の結果で終わるだろうと予想していました。
横になって痛くないポジションがあるのなら、とりあえず湿布を貼り、痛み止めを飲んで寝ているのが一番の対処法だと思うのでした。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー