ルイガノLGS-5のタイヤ交換

パーツが揃ったので、ルイガノLGS-5のタイヤ交換をした。
今回はタイヤ以外のパーツをワールドサイクルから通販した。価格重視で選定したパーツばかりだ。

110916-01

タイヤは「パナレーサー・パセラ・ブラック 26×1.25」。
ぐるぐる巻にされたビニールを剥がすと、真っ黒なタイヤが現れた。トレッド面とかにバリがない。
「Deda TRE GRINTA」は性能に問題なきゃバリくらいへっちゃら、なノリだったので、さすが「Made in Japan」、国産のタイヤは仕上げがキレイだ。

厳重にビニールで梱包されていたせいか、ワックスはあまり塗られていないようだ。

タイヤにプリントされたロゴは「BRIDGESTONE DISTANZA」と同様、チェーンリング側の片側にしかない。反対側はマックロクロスケ。これが最近のトレンドなんでしょう。ちょっと淋しくもある。

リムへの装着感は、ちょっと堅め。難儀はしないが、「DISTANZA」よりは嵌めにくく感じた。

110916-02

一応重量も測ってみた。カタログ値は500gだったが、525gと531gと表示された。
バネばかりのようなものがなかったので、普通の料理はかりに無理矢理載せて測っている。なるべく垂直になるように載せ、上部一点で支持しているが、そんな感じなので参考程度にして。

タイヤに表記された適正空気圧は4.5〜7bar(65〜100PSI)。とりあえず、4.5気圧入れといた。
幅1.25インチを換算すると31.75mmになる。「DISTANZA 700×32C」と同程度の幅だが、並べると明らかに細く見えた。

110916-03

タイヤ交換にあわせてリムテープと、タイヤが細くなったのでチューブも新調した。

リムテープはリッチーの「Snap-On Rim Tape」だ。

110916-04

幅が20mmあるので、リムの全体をカバーしてくれ、ずれてスポーク穴が覗いちゃうようなこともなさそう。

リムへの装着時にバルブ穴が横にずれることもなく、適度の伸びで嵌めやすかった。

サイクルベース名無し Ritchey Snap On Strip

110916-05

チューブはタイオガのインナーチューブ。サイズは26×1.00″。1.00〜1.25のタイヤに適合する。
バルブの種類によってパッケージの色が異なる。青は仏式、赤は米式、黄は英式。

110916-06

これも重量を量ってみたが、3本とも86gだった。

どこにでもあるような普通のチューブだ。性能はまだわからないが、ワールドサイクルでは一番安い商品だった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー