とこなめ招き猫通り

春の陽気に誘われて、常滑までサイクリングしてきた。

守山から平和公園を抜け、八事から天白川沿いに大高まで行き、聚楽園、新舞子を経由して常滑の「とこなめ招き猫通り」がゴールというコースだ。

聚楽園の大仏

朝10時15分頃出発し、12時前に聚楽園着。大仏さんを拝み、新舞子へ向かう。

知多産業道路の西側道路

途中の朝倉駅あたりで知多産業道路の西側の道路を走ったのだが、最初は「この道路走っていいのかな?」っていう感じの道路なので、ちょっと躊躇した。並行する知多産業道路が自転車通行禁止だからなおさら。
片側2車線あり、路肩も広いし、交通量も少ない。ただし、歩道もないし、新舞子まで逃げ場もない。
途中1車線規制されていて中央側車線ではトラックがエンジンをかけて駐車していた。

新舞子ファインブリッジ

新舞子のファインブリッジのたもとで。対岸が市内。

西之口の公民館前

常滑に入ると「西之口」の公民館前で山車蔵から山車をこれから出そうとしているところに遭遇。私が止まって見ていると、丁度通りかかった他の自転車乗りも止まって見ていた。

とこなめ招き猫通り

午後1時半頃「とこなめ招き猫通り」に到着。
「とこなめ招き猫通り」は名鉄常滑駅南、通り沿いの壁にいろいろな招き猫が設置されている。

とこなめ招き猫通りのネコ

写真の奥に写っている歩道橋のたもとには巨大な招き猫がいる。下からでは全然見えない。それにこの通り沿いには巨大招き猫の案内なんてない。知らない人は全然気づかないかも。
道行く人に歩道橋へ上がる道を聞いたが、知らないようなので、適当に横道へ入っていく。

常滑の路地

路地はやきもの工場などが連なり、まるで迷路のよう。観光客がパンフレット片手に散策している。レーパン、サイクルウェアという場違いな格好をした僕は見当をつけて路地を進み、無事、歩道橋の上に出ることができた。

とこなめ招き猫通りのでかいネコ

歩道橋の上にはすでに先客がおり、私が写真を撮っていると、今度は別の若者のグループがやってきて、写メを撮っておった。
さて、やっと巨大招き猫に対面すことができたのだが・・・。巨大招き猫は後頭部がなくて、後ろから見るとちょっとガッカリ感を醸していた。

帰りは別の路地を抜けたら、もう迷子。出口がわからない。道はわからないが、うどん屋を見つけた。昼飯を食べていないのに気づき、腹ごしらえをすることにした。
「玉釜うどん」500円。おいしかった。
食後の水を飲んでいるときに、ボトルが空になっているのを思い出した。お店のおばさんに図々しく給水をお願いしたら、快くお水をわけていただけた。しかも、わざわざ冷たいお水を用意していただいた。ありがとうおばさんたち。

帰り道は、155号線をそのまま北上したが、このルートはアップダウンがある。往きは全然なかったのに。ついでに名古屋に近づくにつれ道に迷ってしまった。まあ、迷走しながらも無事に家に帰り着いたが。

実は、4月4日の矢作川ポタ会の帰り道、途中から膝が痛くなっていたのだ。やっぱり、矢作川は鬼門なのかと、しばらく自転車を自重していた。
この日は膝を心配しながらのライドだったのだが、全然問題なくて、よかったよかった。

迷走距離:95.58km Av:19.05km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー