不思議スポット!五色園

土曜日は家庭の都合で、どうしても昼からの出撃になってしまう。
それで、今日2月5日(土)は、近場で行っていないスポットということで、五色園(ごしきえん)へ自転車で行ってきた。

最近お寺巡りが多いのだが、お寺が大好物という訳ではない。
単に自転車で行く目的地にしやすいことと、たいてい入場料とか取られないので、安上がりに済むということだろうか。しかし、必ずお参りはするので、お賽銭だけは過去最高っていうぐらい出費してるね。まあ、願い事だけはてんこもりしてくるけど。

さて、五色園(五色山大安寺)は、愛知県日進市にある日本で唯一の宗教公園だそうな。
園内に怪しげなコンクリート像が点在する、という話や他人のブログで見ていたりして、一度は行ってみたいと思っていた所なのだった。

五色園口の交差点を左折すると、そこは普通の住宅地。どんどん進むと左手に目立たない看板が。気がつかないと通り過ぎそうだ。

110205-01

入り口左手に園内の案内図があった。さらに進むと料金所のようなゲートがあるが人はいない。勝手に中へ入っていく。ご近所の人たちだろうか、年配の方々がちらほらと散歩されている。

問題のコンクリート像はメインの通りを進むと、すぐ脇にあったりして、すぐ見つけることができる。しかし、実はそんな所ばかりじゃなくて、通りには案内表示だけあって、山の中に分け入っていくと存在するようなものもある。

これらのコンクリート像は親鸞聖人の教えをわかりやすく伝えるために作られたものとか。作られた年代はよく知らないが、最近塗り直したものやペンキがはげてしまっているものなど様々。
コンクリート像の作者は浅野祥雲という方で、犬山の桃太郎神社のコンクリート像もこの方の作品だ。
桃太郎神社の像はすべてが浅野祥雲作ではなく、クオリティーの低いのは別の方の作品だそうな。
とにかく敷地内に100体以上あるらしく、とても全部をこのブログで紹介することはできない。

110205-02

本堂近くにあった「日野左衛門門前石枕」の像。

110205-03

本堂へ行く手前の池のほとりにある「桜ヶ池大蛇入定の由来」の像。龍のお顔がかっこいい。

110205-04

本堂まで行ってすべて見たのかと、入り口の案内看板まで戻ってきたのだが、看板を見るとまだまだありそう。
ゲートすぐ脇の小径を入ると本堂の裏手に行くことができる。こちらにもコンクリート像はいっぱいあった。こちらの方は山の上へ登ったり、標識を信じてこんな奥にあるのかよ、というところにあったりする。

山の中はロードバイクではちょっと走れないようなダートになったりするので、マウンテンバイクの方が良かったりする。ロードバイクのタイヤが滑るので、たくさん歩いた。
本堂の裏へは激坂があり、準備不足のため、途中で足着いちゃった。自転車を押して登った。

110205-05

本堂だ。入り口を開けると中に入れる。賽銭箱は中にある。

110205-06

五色園を創建した森夢幻(後の大安寺初代管主)。

復路は東名高速道路の脇道を名古屋インターチェンジ目指して帰った。高速道路の脇道は、必ずといっていいくらいアップダウンがあるよね。気のせいじゃないよね。

五色園公式サイト
浅野祥雲作品写真館

迷走距離:30.04km Av:16.48km/h

2件コメントがあります

コメント

  • ここに泊まろうと

    もう、8年前になるのかな?
    全国アニメーション総会の会場探しで行きました。
    宿泊施設もあって、百人くらい入れる大広間もあったんです。
    全国総会的には面白い場所だったんですが
    結局、他の場所になりました。

    2011/02/06 12:48 PM:風来者

  • 夜泊まるのは怖いかも

    等身大のコンクリート像は、夜見ると怖そう。
    もし会場になっていたら、肝試し大会になったかも。

    2011/02/06 09:39 PM:なで王

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー