9月29日の矢田川右岸CR

国道19号線に架かる天神橋から小原橋まで矢田川右岸CRを走ってみた。自転車はルイガノLGS-5。タイヤはパナレーサー・パセラ・ブラック 26×1.25。

中央線の高架から矢田川橋のあたりまでに砂を被ったところが3ヵ所あった。距離はそれぞれ10mとか20mぐらい。被った砂の厚さはそれほどでないので、注意して走ればOK。

矢田川橋から千代田橋までは断続的に砂が被ったところがあり、自転車を降りたところも1ヵ所あった。このあたりはロードバイクでは滑ってしまうと思われる。特にビンディング車は要注意。

千代田橋から先は9月22日の時と状況は同じだ。普通の自転車の走行は不可能。千代田橋からゴミ焼却施設・猪子石工場あたりまで自転車を押して歩いた。

その先にあった水たまりはなくなっていたが、たくさんあった魚の死骸や取り残された小魚の影も形もなくなっていた。たぶんこの辺りに住む鳥さんが食べちゃったんだろう。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー