GIZA ダブルレッグ・センタースタンド CL-KA56

ルイガノLGS-5のスタンドをGIZA アジャスタブル・ダブルレッグ・センタースタンド CL-KA56にした。

自転車を買ったときに付いていた、チェーンステーとシートステーの後輪軸あたりに取り付ける、いわゆるよくあるサイドスタンドから、シングルレッグ・センタースタンド、そして今度のダブルレッグ・センタースタンドと変えてきたわけだ。
LGS-5はフロント・ディレーラーが上引きで、BBあたりに邪魔者がないのでセンタースタンドが取り付けられるのだ。

最初のものは、脚が長くて自転車が垂直近く立ってしまい、反対側に転倒しやすかった。
次のものは、車体が斜めに傾きすぎなのか、フロントキャリアに荷物を載せて紐を掛けるときに、ハンドルが回ってやりにくかった。
というわけで、今度は2本脚で立つダブルレッグのスタンドに挑戦してみることにした。

121101-01

GIZA アジャスタブル・ダブルレッグ・センタースタンド CL-KA56は他メーカーの同種製品に比べ低価格だ。
製品には六角ボルトと8mmの六角穴付きボルトの2本がついている。製品は黒色で塗装されており、六角ボルトは黒色なのに、六角穴付きボルトは無塗装のシルバー。しかも長さが短いのは何故?

フレームの傷防止のゴムとかは付いていない。そのまま取り付ければ、もれなくフレームに傷を付けるだろう。
手元にあったゴム板でスペーサーを作り、挟んだら付属の六角ボルトで長さが足らなくなってしまった。シングルレッグ・スタンドに付いていたボルトが、ちょうどサイズが合っていて長さも足りたので交換した。

121101-02

脚部のプラスチック部分は取り付けボルトの位置を変えられ、脚の長さを伸ばすことができる。LGS-5はボルトを真ん中の穴の位置にした。
うちの自転車ではちょうどバランスの中心になり、スタンドと前輪、または後輪の3点、どちらでも駐輪できる状態になった。
この3点支持の駐輪は地面が平らな場所はいいが、傾きの状態によって止めにくいシーンがあるのではないか、どうだろう?駐輪する自転車の向きを選びそうな気がする。

取り付けはボルト1本なので、シングルレッグ・スタンドの時もそうだったのだが、使っているうちにボルトがゆるんでスタンドが回転し、ペダルに干渉した。内側方向に回転すると車輪と干渉するので危険だ。ときどき点検してネジの増し締めをするのが吉。ゆるみ止めのためにもゴム板とか挟んだ方が良いと思う。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー