ellesse スポーツサングラス ES-S104

サイクリングにアイウェアはある意味必需品。紫外線を防いだり、風から目の乾燥を防いだり、ほこりや虫や何やらを防いだり。とにかく色々なものから眼を守ってくれます。
ですが、僕はメガネ野郎なので、度付きでないと一寸先もわからない。度付きのスポーツサングラスだと選択肢が限られてきます。

RudyprojectのEXCEPTIONとか、跳ね上げ式のであればトンネルなど急な暗がりでも対応できて良いのだけど、いかんせんかなりお高い。
コンタクトレンズにすれば、安いのからお高いものまで何でも来いなのだけど、コンタクトレンズをしたことがないし、したくもない。眼医者にコンタクトなしだし。

130626-01

で、なかなか踏み切れなかったのですが、リーズナブルなアイウェアを見つけました。それは、ellesseのスポーツサングラス ES-S104

先日、名古屋へ行ったついでにES-S104を取り扱っている眼鏡屋さんへ行き、検眼もしてもらい作ってきました。実際はレンズを入れるのに1週間必要ということで、昨日宅配便で届いたばかりです。

130626-02

ES-S104は一枚レンズタイプで、度付きはインナーフレームで対応します。

テンプル部のカラーがブラック×グレー 、シルバー×ブラック 、レッド×ブラック 、ブルー×ブラックの4種類。僕はお店で全部試着させてもらい、一番しっくりしたブラック×グレーを選びました。

130626-03

レンズ5枚とインナーフレーム、セミハードケース、ソフトケース(巾着袋)、ストラップコード、メガネ拭きが付属して定価12,600円なのですが、僕が購入したお店ではなんと5,250円でした。
これにプラス度付きレンズ代ですが、グレードやコーティングの有無などで料金が異なります。

130626-04

付属のレンズはすべてUVカット率99%以上。カラーは、
1.偏光ライトスモーク 可視光線透過率43%(掲載写真は全部これ)
2.偏光スモーク    可視光線透過率18%
3.偏光ブラウン    可視光線透過率24%
4.イエロー      可視光線透過率82%
5.クリアー      可視光線透過率92%

これだけ揃っていればいろいろなシーンに対応できそうです。といっても、多分ライトスモークとクリアーしか使わないような気もしますが。

レンズの交換は取扱説明書に付け外しの方法が記載されています。実際右左真ん中いった3ステップで簡単に外せ、その逆順に取り替えができます。

130626-05

写真はセミハードケースの外観。付属品全部を収納できます。

ellesseのシリーズはメガネの幅の大小や女性向きなど、ES-S101からES-S106までの6種類のバリエーションがあります。跳ね上げ式のものもありますが、これはちょっとお高い。

ellesseはイタリア生まれのスポーツブランドらしいですが、商品のタグに「この商品は、(株)ゴールドウィンとのライセンス契約に基づき、(株)トライ-アングルが企画し、中国にて製造された商品です。」と記載されています。多分日本人向けと考えてよいと思います。
通販でも売られていますが、可能ならお店に行って実際に試着するのが良い。僕もヘルメットを持参して試着してきました。

早速着け心地を試そうと思ったら朝から雨降り。報告はまた後日に。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー