自転車用ライトの照射比較写真

ライトの照射比較写真を初めて撮影してみました。黒く潰れている部分も肉眼ではもう少し見えています。それにハイライト部もこんなに飛んでいません。露出とか変えてみたけど、目で見えているように再現するのは難しい。

今回撮影したのは自転車用ライトのDosun S2CATEYEのHL-EL625RC Nano Shot+、参考としてGENTOSの懐中電灯 閃 SG-325

Dosun S2/125ルーメン
130922-01

それほど明るくはありませんが手前にも光が回っていて走りやすい。正面から見てもそれほど眩しくないので町中を走るには良いかも。

HL-EL625RC Nano Shot+/low mode
130922-02

実際はこんなに明るくはないが、Dosun S2よりも明るい。正面から見るとDosun S2より眩しい。

HL-EL625RC Nano Shot+/hi mode(600ルーメン)
130922-03

実際はこんなに明るくは感じないが、それでも安心感はあります。

GENTOS 閃 SG-325/150ルーメン・ノーマルビーム
130922-04

SG-325は2本持っているのですが、購入時期により照射特性が違うようです。2012年10月購入のものは丸く照らされる。2013年5月のものは上の写真のように四角く照らされ輪郭がはっきりしているし、ちょっとだけ明るい。
写真のような位置で照らすと、正面から見るともはや凶器。直視できません。もっと近くの位置を照らすか防眩庇は必須でしょう。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー