掛川祭り真っ最中にサイクリング

先週のサイクリングは台風の影響で雨が予想され、ルートを直前で変更しました。今日はその予定していたルートを走ることにしました。
走ったルートは下の地図。ついでにiPhone 5sとTOPEAK ライドケースの試運転もしてきました。

掛川市内は掛川祭りの真っ最中。旧掛川市内は当然あちこちで山車を引いているだろう。山車に出くわしたらルートを変更するしかありません。大東や大須賀はどうなんだろうと思いながら出発。

やっぱり目の前にiPhoneがあると便利です。僕は常時画面を消していて、必要なときだけ画面を見るというスタイル。だけど、iPhone 5sの指紋認証で使い勝手が向上しました。

MotionX-GPSでルートを表示させ、Followさせます。画面を消していても、電源スイッチで待ち受け画面を表示し、指紋認証で地図を表示。スリープしてると地図は現在地を表示していませんが、現在地ボタンを押せば、現在位置と予定ルートが正しいかすぐにわかります。

やろうと思えば一連の動作を走行中にもできます。危険なのでもちろん非推奨。安全を十分確かめて自己責任で。

画面を表示させていると地図上をリアルタイムで移動しているのがわかります。曲がり角などの手前で表示させておけば、曲がるタイミングもわかって便利。ただバッテリーの消耗が早くなるのでイザというとき限定です。

131013-01

山車が通った跡が地面に残っています。こんな所でも曳いているんだなぁ。

やっぱり予定ルートの前方で山車に出くわしました。iPhoneがあれば別のルートをすぐに探すことができるからタイムロスも少なく済みます。

131013-02

天気予報では晴れですが、頭の上は黒い雲が陽を遮っています。自転車で走る分には暑くなくて良いですが、まさか雨を降らせたりしないよね。

131013-03

菊川左岸堤防道路でだんだん雲が切れて晴れてきました。2週間前に比べて進路で跳びはねるバッタの数も減りました。

131013-04

堤防道路を走っていたら、下の道で山車を曳いていました。山車の形が掛川城中心部のものとはかなり異なります。車が通行規制を受けています。

131013-05

生仁場橋東で大東「に組」の山車を引いていました。山車の上の人形は「日の出に鶴」。祭りの衣装も地区ごとに全然違います。

131013-06

菊川左岸の国道150号の手前の場所が護岸工事中です。工事は平成26年3月20日まで。

131013-07

潮騒橋。今日は自転車道をルートに入れていませんでしたが、この先を100mほど行ってみました。やはり砂で埋まっているところがあり、すぐに引き返してきました。

ここから先は1970年まで営業していた静鉄の軽便鉄道「駿遠線(すんえんせん)」の跡を袋井市まで行きます。菊川右岸側も護岸の工事中で通れないので、ルートを一部変更しました。

131013-08

横須賀の大淵あたり、銭瓶堂の北の道。距離にして500mくらいしかありませんが、こういう雰囲気の道が好きです。

131013-09

横須賀「み組』の山車。山車の上の人形は「お市の方」。ここの衣装は半天は羽織るだけで帯を結ばないんだな。

131013-10

袋井市に入ると道はキレイにブロックで舗装されています。区間に寄ってデザインが異なりますが、コミュニティ道路となっているようなので、ロードバイクで飛ばすのには向きません。ゆったり走るべし。

131013-11

たぶん袋井市浅羽のあたり。山車が何台も行列していました。掛川市だけでなく袋井市までお祭りをしていたのは予想外でした。

131013-12

今日のご褒美は可睡斎「じぇらーとげんき」のジェラート。クラウンメロン+おまけは熟成バニラを注文。もたもた写真を撮っていたら垂れてきました。

日曜や休日はお客さんが多いので、ちょっと並ばなければならない。最初にレジでシングルかダブルの代金を払い、代わりに札をもらう。列に並んで自分の番がきたら札を渡し、フレーバーを注文するとジェラートにありつけます。

可睡齋からの帰りも山車で道路が塞がれていました。自転車だと臨機応変に横道に逃げられます。

131013-13

国道1号の同心橋東の交差点を左折し、県道253号を走ると、ここは旧東海道。松並木が美しい。

今日は行く先々で山車の通行規制に出会いました。それにあちこちの道路の上に山車が練った跡があり、ほんとうに町中通っているんだという感じ。改めて「すごいな」と思いました。

迷走距離:63.71km Av:17.97km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー