TIAGRA FD-4600の対応トップギア

ロードバイクBANANA号のコンポ換装を計画中なのですが、シマノのフロントディレーラーTIAGRA FD-4600の対応トップギア表記がショップによって異なることに気がつきました。

ほとんどのショップは50-56Tで表記されています。シマノのホームページでも同様の数値です。でも、一部ショップでは46-52Tで表記されているのです。

シマノの下位グレードコンポSORA 3500シリーズでは、クランクセットに46Tがラインナップされています。フロントディレーラーも46-52T対応になっています。
その辺の流れでTIAGRAも対応になった可能性もあります。チェーンリングを46Tに換え、FD-4600で問題なく変速できたと書いてあるブログも読んでいます。

気になったのでシマノのお客様相談窓口へ問い合わせてみました。
シマノはナビダイヤルで電話ができます。発信者は市内通話料金のみを負担し、市外通話料金相当はシマノが負担してくれるサービスです。電話代が発信者全額負担でないところが良心的で好感が持てます。IP電話では利用できないようですが、NTTのひかり電話では接続できました。

最初の話では、「TIAGRA FD-4600の対応トップギアは50-56T」と回答されました。期待は外れましたが、納得して電話を切りました。
しばらくしたら電話が鳴ります。出るとシマノのさっき応対してくれた担当者からで、「TIAGRA FD-4600の対応トップギアは46-52T」との訂正の電話でした。

最初から調べて回答してくれなかったのはナンですが、すぐに調べて電話を掛けてくれたことは評価します。好感度上がったし。
問い合わせ内容はサービス向上のために録音するよ、というアナウンスは流れましたが、電話番号も記録しているんだね。

BANANA号コンポ換装計画では、フロントディレーラーを46Tに対応しているFD-CX70にする予定でいました。価格的にはFD-4600の方が若干安い。
計画通りFD-CX70にするかFD-4600にするか揺れ始めてしまいました。FD-CX70はULTEGRAグレードのようなので、やっぱり変速性能が良いのだろうか?金額にしたらほんの少額なんだけどね。しみったれた私。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー