松ヶ岡

1月17日、市内を散歩していたら、江戸時代に建てられた旧家の引渡式に出あった。

130120-01

この旧家は江戸時代末期に掛川藩の御用商人が住居としていた「山崎家」。庭にアカマツの大木があることから「松ヶ岡」の名で親しまれているそうな。

130120-02

1878(明治11)年に地方巡幸の明治天皇が宿泊されたそうで、宿泊されたお部屋とかも見せていただけた。

130120-03

お庭。

130120-04

明治天皇が宿泊された家屋はそのために建てられたもので、廊下の天井がアーチ型になっている。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー