自衛隊観艦式2015の艦艇一般公開に行ってきた‥‥くろべ

次に見学したのは訓練支援艦「くろべ」。
「くろべ」はミサイル射撃の訓練のために、標的になる高速標的機を発射したり、制御したり、回収したりするための自衛艦。

151014-66

艦首には見学者がいっぱい。

151014-67

151014-68

76ミリ速射砲。

151014-69

その砲弾。

151014-70

岸壁に係留するときなどに、岸壁と艦体の間に挟むブイ。

151014-71

こっちはその小型版。手編みだそうな。

151014-72

左舷を艦尾へと進む。

151014-73

艦尾の標的機発射甲板。ちょうど一日艦長の任命式が行われていてギャラリーがいっぱい。

151014-74

任命式の様子だが、人が多すぎて状況がわからない。

151014-75

高速標的機「CHUKAR III」。

151014-76

標的機発射甲板の手摺りには金網が張られていたが、向こう側に見える緑色のネットは一般公開用のための安全ネット。普段はもちろん付けられていないそうだ。

151014-77

海上自衛隊の階級章など。

151014-78

制服を着て写真撮影ができるコーナーがあった。
この制服は一番偉い人のものと言っていたが、調べたら「海将」という階級のようだ。

151014-79

艦尾からは、輸送艦「おおすみ」や

151014-80

補給艦「ましゅう」が近くに見えた。

151014-81

すぐ横には海上保安庁の巡視船も停泊していた。

旭日旗を揚げた怪しげなボートがうろついていたので係官に尋ねたら、不審者の監視や見学者が海に転落したときのために配置されている自衛官だそうだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー