タイムラプス撮影しながら潮騒橋へ

11月13日に、また大東の潮騒橋へサイクリングしてきました。ついでに自転車にアクションカメラを付けて、タイムラプス撮影しながら走ってきました。

走行ルートは上の地図の通り。菊川堤防を南下し、潮騒橋を渡り、軽便鉄道跡を辿って袋井へ。愛野公園から原野谷川を遡上し、掛川に戻るルート。

撮影しながらだとカメラに気を遣うから、地図を見なくても走れるルートでラクをしたのです。

161113-01

ハンドル回りはサイコンやV650、ライトなどですし詰め。空いていたライトとV650の隙間にHDR-AS100Vを逆さ吊り。
ハンドル回りが気色悪いから、スマートにならないかなぁ。

ムービーは約60kmの距離を約10分に詰め込まれていますので、画面のちらつきで人によっては気持ち悪くなるかも。
YouTubeに投稿したら、「画面がぶれているようだから修正しますか?」と警告されました。

初っぱなのタイトルの綴りが、「laps」じゃなくて「lapse」と間違っているが、アップしてから気付きましたが、面倒くさいのでもう直さない。テヘペロ。

カメラの固定が甘くて、さらに掛川に入ってからの道路の酷さの相乗効果で、カメラがあさってを向いてしまいました。カメラがハンドルの下だと見えなくて、すぐに気がつかなかったのです。

撮影は2秒ごとに設定しましたが、レート秒30フレームで動画変換すると、速すぎて何だかわからない状態。そこで、10フレームで動画変換。
2秒撮影では曲がり角で撮れていないこともあって、曲がったことがわかりくい。こんどは1秒ごとでも撮影してみよう。

161113-02

菊川の橋のたもとから富士山はこんな風に見えました。知っている人じゃなきゃ気付かないレベル。

161113-03

風も穏やかで、潮騒橋付近にはいっぱい人が訪れていました。

161113-04

逆川の堤防に入ったとたんに足に抵抗が。裾を見たらOrz。途中で停車して全部抜きました。

ゴール直前でバッテリー切れになってしまいましたが、走行ルートほぼ全行程撮影しました。
ムービーのスピード感を途切れさせないため、コンビニに寄ったときや信号待ち、一旦停止して動きが止まっている所などはカットしました。

タイムラプスだとどんなに鈍足でも気付かれにくいのが良いよね。

迷走距離:60.54km Av:17.97km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー