岡田金属工業所 スタンダード ソーガイド+鋸セット

前エントリー続きの便利道具は「岡田金属工業所 スタンダード ソーガイド+鋸セット」。

170128-01

この製品は手挽きのノコギリをまっすぐに使うためのソーガイドとノコギリのセットだ。

これでできることは、直角・直線切断と45度傾斜切断。ソーガイドにノコギリをセットすると、手挽きでもまっすぐ直角に木材を切ることができる。

上位機種に、45度以外に自由な角度で傾斜切断できる「角度フリー ソーガイド・エフ+鋸セット」がある。

170128-02

パッケージの中身は、ソーガイドとノコギリなどがバラバラになった状態で入っている。

写真左からのこぎりの柄、ノコギリの刃、取扱説明書、ダミープレート、平行スライダー、位置決めストッパー、六角キーレンチ、ソーガイドのベースプレート、ソーガイドのガイドプレート(内側+スペーサー+外側の3枚組)。

他にメーカーサイトからダウンロードできる「簡単木工作図ソフト・もでりん」のシリアルナンバーとオンライン登録キーが印字されたA4チラシが入っている。
ちなみに「もでりん」はWindows対応。

ノコギリは単品でも販売されている「ライフソー9寸目265」。縦横斜め挽き対応。替え刃も用意されている。

ダミープレートはソーガイドにノコギリの代わりにセットし、ソーガイドの置き場所を決めるときに使用する。

170128-03

ガイドソーは付属の六角キーレンチを使ってベースプレートにガイドプレートを取り付けるだけ。

ガイドプレートを組み付けてから、前のエントリーで紹介した「止型定規」で直角を確認したところ、若干斜めに傾いていた。

170128-04

傾いている場合は、ガイドホルダーを取り付けているネジ4箇所を一旦緩め、締め直せばよい。

厳密に言えば、ガイドホルダー自体もベースにネジ留めされているので、ベースに対しガイドホルダーが直角・平行になっているか確認した方が良いだろう。
でないと、平行スライダーや位置決めストッパーを使用してもまっすぐ、直角に切断できないから。

170128-05

位置決めストッパーはベース端のネジ穴に留める。
位置決めストッパー両サイドの突起がちょうどベースの穴にはまり、位置が固定されるようになっている。

170128-06

位置決めストッパーを締め付けた状態。
位置決めストッパーはベースの反対端にも取り付けることができ、左利きの人にも対応する。

170128-07

角材の端に位置決めストッパーをしっかり沿わせると、直角に角材を切断することができる。

170128-08

取っ手をしっかり押さえて切断するのだが、クランプで固定すると手が空くし、力がいらず、位置決めストッパーのズレだけを気にしていれば良いから作業が確実だ。

170128-09

ノコギリをガイドプレートの隙間に通し、あとは切るだけ。
切断位置がガイドプレートから外にはずれるとまっすぐ切れないことがあると取説に書かれている。

170128-10

実際に切ってみた切れ端。思った以上にキレイに切れた。

日焼けで角材表面がツートンになっているが、白い方が「ディアウォール」が嵌まっていた方。従って色が濃い側が切断面だ。
切断面にはノコギリの変な跡も付いてないし、角材の角も面取りしなくても良いくらい。どこぞのホームセンターのパネルソーより100倍キレイ。

以前同じように2×4材をフリーハンドで切ったけど、その時は時間が掛かったうえに切断面が斜めってしまった。それに比べ、切断時間も短かったし、何とキレイなこと。

電気ノコギリを所有していないので購入も考えた。しかし、材木は基本的にホームセンターで切ってもらうから、使用頻度が低そうでコストパフォーマンスが悪い。それに危ない。
というような理由でこのソーガイド+鋸セットを購入したが、思いの外よい買い物だった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー