高儀 ホビーカンナ

便利道具第3弾は「高儀 ホビーカンナ」。

170129-01

パッケージの右上写真の通り、手のひらの中にすっぽりと収まってしまうような小さなカンナだ。

170129-02

某ホームセンターで木材のカットサービスをしてもらうと、パネルソーのノコ刃が古いのか、切断した角がささくれ立っている。
そのままでは使えないので、今まではサンドペーパーで角を仕上げていた。

170129-03

切断箇所が多いとサンドペーパーをかけるのも一仕事。

それで見つけたのがこの「ホビーカンナ」。角材の面取り作業程度なら、こんなカンナで充分だ。

170129-04

刃の出し入れは、ネジを緩めて、刃を調節して締め直すだけ。

170129-05

刃先が出ている量は約0.05mm〜0.2mmくらい。
このほんの少しだけ、しかも左右均一に出すのが結構難しい。なかなか一発で調整するのが難儀だ。

170129-06

広い面を仕上げるのには向かないが、面取り作業がはかどった。自分の用途的には最適。

Amazonで検索するといろいろなメーカー製のものがヒットする。写真を見ると多分みんな同じものだと思う。値段もやけに高価なものもあり、高儀のものが一番安く買えた。
替え刃も各メーカーから出ているので、いろいろ調べると安く調達できると思う。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー