自転車メンテナンススタンド

ある日Amazonからデカい箱が届けられた。

170323-07

森永キャラメルの箱と比較して、その大きさがわかるだろう。そして、持ち上げるとズシリと重い。

170323-08

茶色い箱の中には、スッポリ収まる白い箱と1通の封筒が入っていた。

170323-09

白い箱の中身は自転車用のメンテナンススタンドだ。

170323-10

封筒の中は納品書と組み立て説明書。

自転車用のメンテナンススタンドが昔から欲しかったのだが、今までは買うのに勇気と財布を振り絞らないとなかなか踏み出せない価格をしていた。
ところが、最近Amazonを徘徊していると驚くほどメチャ安くなっていた。

Amazonの中でも同じ種類の製品を扱う業者が多数あり、その中から一番安く、そして多少信頼が置けそうな「World Box」という業者から購入することにした。

そのお値段は、送料を足してもなんと6,000円以内という低価格。
業者出荷という点にも「大丈夫か?」と、一抹の不安を感じながらもポチッとしてみた。

注文翌日にはAmazonから発送連絡があり、その翌日には一番上の写真の状態で商品が届けられた。

170323-11

パッケージの中身は、写真上からスタンド本体脚部、高さ調節バー、ハンドル固定用バーとゴム製ベルト2本、クランプバー、そしてツールトレイと六角穴付きボルト2本+アーレンキー。

ツールトレイが入っていたビニール袋には英文の説明書も同封されていた。

170323-12

組み立ては説明書を見なくてもわかるぐらい簡単だ。

スタンド本体脚部に高さ調節バーを差し込み、高さ調節バーの先にクランプバーを差し込む。あとはツールトレイを高さ調節バーの適当なところに取り付ければおしまい。

このメンテナンススタンドのスペックは、重量7kg、高さ1,080〜1,900mm、耐荷重30kg、対応するフレーム径25〜45mm。
メーカー名や生産国などの表記は、パッケージにも取説にもどこにもない。

170323-13

脚部の広がり具合は、このブルーのネジ部の上下で調節する。このブルーのネジは、製品によってクイックリリースタイプのものも存在する。

脚を一番広く広げると、一辺最大約970mmのスペースが必要。広げた分安定はするが、広い場所を確保しなければならない。

170323-14

脚部中心の先端。

170323-15

脚の先端は樹脂製で、脚の広がり具合に応じて底面が密着するように稼働する。底面に滑り止めのゴムなどは付いていない。

明いている穴は床に固定する場合に使用する(固定用ネジは付属なし)。

脚部の先端も、類似品によってはゴムキャップ仕様のものも存在する。

170323-16

高さ調節バーは下のブルーのネジで調節する。写真は伸ばしていない状態。

クランプバーは上のブルーのネジの所に差し込み、ネジで固定する。

クランプバーのパイプ後端のラインは、ここまで引き出しても良いとする限界ライン。同じラインが高さ調節バーのパイプ後端にも付いている。

170323-17

クランプは、自転車のフレームなどを挟み、上部のブルーのネジで締め付け、固定する。

170323-18

クランプのフレームを挟むパーツは比較的硬質な樹脂製。

170323-19

ツールトレイ。外した部品や工具を一時的に置いておくのに役立つ。

外側の一番大きなスペース中央の矩形部分だけマグネットになっている。あまり強力な磁力ではないので、部品などを引き剥がすのにそんなに力はいらない。
周囲はアーレンキーなどを挿せる、サイズに応じた大小の穴が複数明いている。

170323-20

ツールトレイは、付属のパーツと六角穴付きボルトで締め付けて固定する。トレイ側には金属製のナットが埋め込まれている。

取り付け用のアーレンキーも付属するが、メンテナンススタンドを購入するような人なら自前の5mmアーレンキーを使った方がはかどると思う。
ちなみにスタンド各所に使われている六角穴付きボルトは、全部5mmアーレンキーで対応できた。

170323-21

BANANA号を載せてみた。

フレームを垂直に近い状態でもしばらく放っておいたが、クランプさせ適正に締め付けていたら、ズレることもなく保持できていた。

ブルーの締め付けネジのダイヤルは適度な大きさで締めやすい。ロードバイク程度の重量の自転車なら、伸縮や回転など重さが苦になるようなことはなかった。

170323-22

クランプの一番深い部分は、ワイヤーがうまいこと逃げられるようになっている。

170323-23

付属するハンドル固定用バーを付けてみた。

170323-24

ハンドル固定用バーの両端にゴム製ベルトを取り付け、ベルトを巻き付けるようにして固定する。

ハンドル固定用バーは約500mm〜約890mmくらいまで伸縮する。ベルトの穴がたくさん明いているから、ベルト部分でもう少し長く伸ばすことも可能。

使い方が間違っているのか、あまりうまくハンドルを固定できなかった。それに返って邪魔くさい。
ハンドルを固定するなら、ダウンチューブとホイールをマジックテープの付いた100均ベルトで巻いた方が確実で簡単で邪魔にならないと思う。

170323-25

我が家の場合、広いスペースを確保できないので、こんな感じの歩幅で設置している。
設置面積が小さいからあまり安定感は期待できないが、変な方向へ力を加えなければまあまあ使えている。

部屋が狭い故に自転車を載せたままでスタンドを移動させたいこともあるが、脚の形状と床に汚れ防止用の段ボールを敷いているお陰か、ラクに滑らせて移動させたりしている。
もちろんパタッと倒れたりしないように、注意深く慎重に押しているのは言うまでもない。

先日中腰の姿勢で自転車の掃除をしていたもんだから、ちょっと腰に危険な予感を感じていた。
このスタンドなら、立って腰にラクな体勢で作業ができるのが最大のメリット。そして比較的自由に自転車を動かせるので、BB裏とか普段目の入らないような場所を見られるのが良い。

狭い場所で中腰で作業するより、同じ狭い場所でも床よりも少し上へ持ち上げた方がると、テーブルの上とか開けたスペースがあったりする。

ガタもないし、値段の割に思っていた以上に安定している。案外良い買い物だったかも知れない。
ただほぼ全体がスチール製なので、洗車に使ったときは、後始末をちゃんとしないと瞬く間に錆びてしまいそうだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー