浜名湖サイクル・ツーリング2017 大試乗会

今日、3月25日(土)は、「浜名湖サイクル・ツーリング2017 大試乗会」にカミさんと行ってきた。もちろん自転車じゃなくてクルマで。

「浜名湖サイクル・ツーリング2017 大試乗会」は、明日26日に同じ場所からスタートする「浜名湖サイクル・ツーリング2017」の前日祭として開催されたイベント。

170325-01

ここでも最初に誓約書への記入と身分証明書の確認を求められる。
確認が済むと腕にピンク色のリストバンドが巻かれ、そして、入場を許される。

170325-02

会場へ来る途中にサイクリストを多く見かけたが、会場内でもサイクルウェアの方を多く見かけた。

170325-03

規模は「名古屋サイクルトレンド2017」より小さく入場者も少ないが、逆に自転車には乗り放題。

170325-04

ちなみに今回の写真は、自分は自転車に乗っていたので、ほとんどカミさんが撮影したもの。

170325-05

だから、こういういつもと違うアングルの写真がある。

170325-06

試乗会は、普段乗れないカーボンフレームのバイクに乗れるのが楽しい。
それにどの出展者も自転車の貸し出しだけに徹していて、変に売り込まれたり、試乗後の感想を求められたりしないから、気兼ねなく試乗できるのも良いかも。

170325-07

出展者の数は少ないが、試乗コースは駐車場のスペースを目一杯使ってたっぷり長い。

最初にYAMAHAの電動ロードバイク「YPJ-R」に乗ってみた。
電動バイクは初体験だが、ほとんど電動のアシストを感じることができなかった。試乗コースに登坂路とかあれば感想は違ったかも知れない。

最初はコースレイアウトをあまり把握していなくて、出口が分からず2周してしまった。

その次に乗ったのは、能年玲奈ちゃんがイメージガールになったBESVの「PS1」。

カーボンフレームを採用した電動バイクで、これはぐいぐいアシストが利いていた。ただ、自分でコントロールしていない感があって、気持ち悪い。
それに展示ブースと試乗コースの間を押している時に、ふいにアシストが入ったように自転車が自分で出て行ったような気がした。

170325-08

その次はRIDLEYの「FENIX」。試乗車にペダルが付いていなかったので、付けて貰っているところ。

170325-09

試乗コースの出口。左側の女性が自転車を押しているところが入口。

170325-10

試乗コースはパイロンとバーでコースが区切られている。

ここでも小さな右回りUターンのコースが数カ所あるが、コース上に試乗車が少ないので余裕を持って走ることができた。

170325-11

「FENIX」を試乗中の自分。やけに大きな音を出すフリーハブだった。

170325-13

次はDE ROSAの「SK Pininfarina」。348,000円もするカーボンフレームバイク。

コンポが初めてのカンパニョーロで、乗る前にに操作方法をレクチャーして貰う。ブレーキの前後もいつもと逆だし、シフト操作が全然違うので、そっちの方ばかり気になってしまった。

170325-14

最後はCOLNAGOの「A1-r 105」。アルミモデルだが、自分が乗れるサイズのバイクがこれしかなかった。

身長に対し試乗車のサイズは大きめだ、ということでサドル高さを調節してくれたのだが、走り始めたら低すぎて走ることができず20mくらいでコースアウト。戻って2cm上げて貰って再出走した。

170325-12

自転車メーカー以外はキャットアイが出展していた。最新作の「SL-LD140-R-BE」や「SL-LD140-R-BA」を展示していたので触りまくってきた。

明るい場所での発光だったので暗いところで見たら印象が変わるかも知れないが、赤い部分前面が赤くなると思っていたが、中央のLEDだけが光って見えてちょっと残念だった。
ついでに、ヘルメット後頭部へ視認しないでもON/OFFがわかる、クリック感のあるテールライトの商品化を要望してきた。

一通り観て回り、試乗を楽しみ約1時間半くらいで会場を後にした。帰り道で細かな雨に降られたが、明日の天気予報は一応くもりらしい。
主催者のホームページには「3/26(日)ハマイチは雨天決行です!」と最新情報が掲載された。

自分は参加しないが、雨に降られないこと、事故がないことを祈りたい。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー