法多山のさくらだんご

法多山では、3月25日(土)〜4月9日(日)までの期間限定で「さくらだんご」が販売されている。

厄除けだんごが法多山の名物なのだが、「さくらだんご」とはいかなるものか?通常の白いだんごからピンク色になっただけなのか?はたまた桜フレーバーバージョンなのか?
前から気になっていたので、自転車でサイクリングがてら買いに行ってきた。

「さくらだんご」は朝10時からの発売。家を9時過ぎに出発して、法多山の駐輪場に着いたのが10時6分頃。

170330-01

目的地のだんご茶屋に直行したら、券売機の前にすでに長い行列ができていた。
列の最後尾は、広場の西へスロープを上がった東屋の辺りまで伸びていた。

170330-02

券売機は4台のうち2台が「さくらだんご」専売機になっており、徐々に前進するが、スロープの下に来るまでに20分くらいを要した。

すでにだんごを手に入れた人たちを観察していると、どなたも複数個求めておられる。
両手に5箱入りのビニール袋を下げた人や、中には20箱とか大量に持ち帰る人もおられるようだ。

170330-03

どこぞの放送局かが取材にやって来ていた。

あと30mくらいの位置に列が進んだところで「残り300箱」のアナウンスが入る。
まだ前には5、60人はいそうだが、「ひとり5箱ずつ買われたらやばいぞ」なんて不安がよぎる。

ここへ来るまで親戚や親しいご近所さんに配る予定であわせて4箱買うつもりだった。並んでいる間は余裕があったから、5箱でも良いかなと欲張りなことを考えていた。

170330-04

で、何とかゲット。まだ自分の後ろに大勢並んでいたので、当初の予定通り4箱にした。

自分が手に入れたのが10時45分頃。平日でも発売開始1時間以内に売り切れてしまうほどの人気商品なのだ。

170330-05

パッケージもレギュラー商品は黄色ベースだが、「さくらだんご」はピンクベース。

今日は持ち帰る予定だったので、キャリア装備のルイガノLGS-5で出撃。
大事に持ち運んできた。

170330-06

だんご部分はほんのり淡いピンク色。

170330-07

原材料名にも「桜の塩漬け」とあるように、お味もほんのり微かなサクラ風味。
並ぶのは40分以上かかったが、食べるのはあっという間だった。

「さくらだんご」は春の2週間だけの発売だが、これ以外に「茶だんご」というお茶を練り込んだものもが年11回、決まった日付に販売されている。
これも限定販売なので争奪戦だろうが、ぜひ一度食べてみたいものだ。

なお、肝心のサクラはまだ咲いていなかった。今年は開花も満開も遅いようだ。

迷走距離:22.73km Av:15.90km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー