バルブキャップとAmazonマーケットプレイス

先日、息子の自転車のタイヤにエアーを入れるとき、バルブキャップをひねったら、見事に2つに分離しました。プラスチック製のキャップだとたまに破損します。

我が家のスポーツ自転車には、息子の自転車以外には、バルブキャップはアルミ製のものに替えてあります。アルミ製なら破損することがないからです。

170502-01

仏式バブルのアルミキャップがAmazonでとても安く出ていたので取り寄せました。

5個セットで、レッド・グリーン・ブルー・ゴールド・シルバー・ブラックの6色あります。
注文したときは色によって価格に差がありましたが、グリーンとシルバーをそれぞれ1セットずつ注文して送料込み300円でした。

Amazonで購入するときは、必ずチェックしていることがあります。

まず商品レビュー。商品そのものがちゃんとしたものかはとても重要。
次に販売店はAmazonかマーケットプレイスか。そして、発送はAmazonからか、マーケットプレイスの業者からか。
マーケットプレイスの場合は、業者の評価や責任者名や住所などのプロフィールもチェックします。

先日エントリーした「マキタ・充電式インパクトドライバ TD090DWX」の記事中にも書きましたが、最近Amazon詐欺の話題が大きく取り上げられています。今朝のワイドショーでも触れられていました。

実は、この注文したバルブキャップもマーケットプレイス販売・発送商品で、しかも販売・発送先は中国からです。
もちろん、そんなことは承知で注文しました。万一商品が送られてこなくても、商品が不良品でも大きな損害にならないような金額だったからです。

しかし、これを注文して2、3日してからネットでAmazon詐欺の話しを目にしました。
金額的損失だけでなく、個人情報の抜き取りや個人情報を悪用されることを知り、商品が届くまでの間、戦々恐々の心境でした。

以前、中国から買ったときのように、注文してから9日で商品が届けられましたが、届けられたからといって疑いの気持ちが完全に拭えたわけではありません。

Amazonは、不正業者が見つかったら適正に排除する、とアナウンスしているらしい。逆に言えば、ことが起こるまでは放置します、といっているようにも聞こえます。
不正業者が出店できないような仕組みを真剣に考えなきゃならないのでは。

Amazonが完全に安心して購入できるようになるまで、Amazon発送以外の商品には、いくら安くても手を出さないようにするしか買う側の防衛手段はないと思います。
こうして、積極的な対策がないまま良貨が駆逐されていくのだろう。残念なことです。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー