コンポ換装したBANANA号で潮騒橋へ

やっとコンポの換装が完了したBANANA号で、5月14日(日)に潮騒橋まで行ってきました。

行きは坂のない平坦路ですが、帰りは短い距離ですが茶畑の間をアップダウンする坂道を含む、走り慣れたコースで走りを確かめてきました。

この日は天気予報は「晴れ」のはずが、現実はたまーに太陽が顔を出す程度の曇り空。半袖・レーパンで出掛けましたが、走り始めはちょっと肌寒い気温でした。

170514-01

大東温泉シートピアの駐車場にあるトイレで用足し。

170514-02

駐車場にはそこそこクルマが駐まっていました。

170514-03

潮騒橋の反対側袂では、異国の集団がBBQを楽しんでいました。

170514-04

太平洋の波は高し。

170514-05

釣り人も多し。

170514-06

自転車道はあいかわらず砂で埋没。まともに走行できるのは、たぶん1年のうち何日もないだろう。

170514-07

昼飯は、「ザ・ビッグ」でまたまたお好み焼き(マヨなし)。

BANANA号のコンポ換装前は、フロントトリプル、スプロケットは14T〜25Tの9速でした。換装後はフロントはコンパクトドライブでアウターを46Tに変更。スプロケットは12T〜30Tの10速。
単純な段数では27段から20段に減るのですが、計画ではカバーするギア比がトップ側とロー側に1個ずつ増える計算でした。

実際に走ってみて、走行感的にはあまり変化はなく予定通り。フロントが2枚だけになったお陰で、それぞれのギアのカバー領域が増えた感じで選択に気を遣わなくても良くなりました。

フロントアウターギアを46Tにしてギアの直径が小さくなると、フロントディレーラーの取り付け位置を下げなければなりません。
BANANA号はフロントディレーラー直付けタイプなので自由に下げることができません。変速がまともにできるかすごく気になっていましたが、全然問題なく変速できて安心しました。

フロントディレーラー調整の難易度が下がり、コンポの軽量化ができ、結果的にコンポ換装大成功。

あと、補助ブレーキを追加しましたが、今回はあまり活躍する機会がありませんでした。ほぼ99%STIのブレーキで済んでしまいました。まあ、保険ということで良しとしよう。

170514-08

今日のサイクリングのご褒美は、「明治エッセルスーパーカップ・フルーツヨーグルト味」。
だんだん暑くなってくると、ご褒美が楽しみになってきます。

迷走距離:47.69km Av:17.40km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー